【 脳の苦痛系の動きを止めると、なぜ、妊娠するのか? 】

【 脳の苦痛系の動きを止めると、なぜ、妊娠するのか? 】

受精し妊娠する時は、脳から卵巣に対して
『妊娠態勢に入れ!!』という指令が出されて
妊娠することになりますが、
脳の苦痛系の部位が動き続けていると、
その脳から卵巣への『妊娠態勢に入れ!!』
という指令を邪魔してしまい、不妊になってしまうことは、
医学や生物学の世界で解明されています。

しかし、不妊治療をされている方々のお話を聞くと、
身体のことばかりに焦点を当てていて、
『そもそもの、脳から卵巣に対する指令を邪魔している
≪脳の苦痛系の動きを止めること≫に
注意を払っていないんだな・・・』と、よく思います。

 
では、そもそも、脳から卵巣への指令を邪魔する
『脳の苦痛系の動きを、どうすれば止めることが出来るのか?』
 
~それは、心理技術や脳科学の出番なところ。
 
2月3日(土)に名古屋で初開催する“健賢出産セミナー”では、
その点の解説も含めて、具体的な事例の解説を
多数盛り込みながら、次のような内容を扱っていきます。
 
 
≪2月3日、当日の主な内容≫
 
① ≪超重要≫不妊や流産、逆子の原因となる、
主な18種類の“メンタルのズレ”
『それは確かに、妊娠しないな・・・』と気付けるかも。
 
② 不妊治療の医師や周りの人から、
このようなことを信じこまされていませんか?
 (この信じ込みが“不妊や流産”の原因かも・・・)
 
③ なぜ、メンタルが整っていないママに、
流産・早産が多いのか?
 
④ なぜ、メンタルが整っていないママから、
身体が弱い子が産まれることが多いのか?
 
⑤ ≪超重要≫ 親や身近な人の、日常の何気ない言葉のパターンが、
産後や子供の将来にどう影響を与えるのか?
 
⑥ ≪超重要≫ 出産スタイルによって、
子供の将来にどう影響を与えるのか?
 
⑦ ≪超重要≫ 帝王切開、無痛分娩、陣痛促進剤を使用して
出産した場合、その後、どのようなメンタルケアが必要か?
⑧ ≪超重要≫動かす脳の部位の違いによって、
子供の成績や健康状態、子供の将来の所得などに、
どのような違いが出て来るのか? 
日常の中で、どのように脳を動かすのが効果的か?
 
⑨ 妊娠中のママさん、要注意!! 
つい、やってしまいがちなこの行為は、
胎内の子供は“虐待されている”と思い、
流産・早産になりやすいので要注意!!
 
⑩ そもそも、何のために子供を創るの?
 子供の成長度合いは、その目的も超重要!!
 
⑪ 子供にダメージを与える脳の動かし方をやめる方法
 
⑫ 子供が健康で賢くなるように産むためには、
脳の“この部位”を“こう動かす!!”
⑬ その他
 
 
子供を、ただ産むのか?
 
それとも、子供と親の将来を考えて、
子供が健康で賢くなるように産むのか?
 
これから、お子さんを出産しようとしているママさん。
そして、既に出産されているママさんも。
 
あなたは、どちらを選択しますか?
 
 
そして、そもそも、脳から卵巣に対する指令を邪魔する
≪脳の苦痛系の動き≫を止めないと、
妊娠も出産も、その後の子供の健康状態も、
子供が将来、高所得になるか、低所得になるか・・・
も上手くいかなくなるかも・・・
 
ご注意を!!
 
※2月3日の詳細は、コメント欄のページからご覧戴けます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1582228295194860&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 この盲点を解消すると、なぜ、病気がスーッと消えたのか? …

【 この盲点を解消すると、なぜ、病気がスーッと消えたのか? 】

『医師から、バセドウ病の寛解(完治)宣言が出ました!!』
 
私の個人セッションを受けていた方から、
バセドウ病(甲状腺の病気)の完治報告が届きました。
 
この方は、有名な甲状腺の専門病院に11年通い続け、
また、医師から
『この病気は一生付き合っていくしかない』
と言われていた女性。
 
そして、私を訪ねて来られたのが、昨年のこと。
 
個人セッションを2回行い、その後は、
時々、私のセミナーに参加しながら、
脳の動かし方の調整を続けていた方。
 
 
元々、バセドウ病は、それを発症させている
脳の動かし方がハッキリとしているので、
私の印象から言わせてもらうと、
そんなに難しい病気では無い。
(過去の相談者数名も、数回のセッションで
バセドウ病を完全にやめられている)
 
 
今回の女性の病気の原因も、
まさに『医学と生物学が見落とす重要な盲点』が
原因だと言えるし、その原因を解消したから、
病気がスーッと消えていったのだろう。
 
 
では、その『医学と生物学が見落とす重要な盲点』
とは、何なのか?
 
そのことについて問い合わせが相次いでいるので、
1月16日(火)19:30~開催の無料生WEBセミナー内で
解説をしていきます。
 
 
この『重要な盲点』を、どうコントロールしていくかで、
人生の質や得られる成果や、
健康状態は違ったものになってくるでしょう。
 
一度、この機会に、この『重要な盲点』を
チェックしてみませんか?
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1577931715624518&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 感動!! 】

【 感動!! 】

先日開催された『春の高校バレー』で、
目覚ましく勝ち上がっていった高校チームの中で、私の心理技術が活用されていたと、
スポーツトレーナーの方から報告あり。

いやぁ~、ものすごい嬉しい!!

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

病気を発生させる重要な原因を発見!!

病気を発生させる重要な原因を発見!!
 
これは盲点だった!!
 
そして、原因を発見したので、
その原因を解消する方法も閃いて来た!!
 
これで、また、病気をやめられる方が増えて来るはず。
 
詳しくは、1月20日開催の1dayセミナー
『【最新版】病気になる脳の動かし方
 健康になる脳の動かし方』と、
2月3日に名古屋で開催の『健賢出産セミナー』で
解説をしていきます!!
 
急遽、1月20日と2月3日のテキストを作り替えよう!!
 
いやぁ~、本当これは盲点だった!!
 
気付かせてくれたFさん、ありがとう!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

本日、5人目の方の個人セッションが終了。

本日、5人目の方の個人セッションが終了。

そして、もうこんな時間。

今年も、すでに個人セッション・ラッシュ。

あと数名で、2月末迄の個人セッションを締め切らせて戴きます。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1573552939395729&set=a.143309072420130.38093.100002231155394&type=3

【 さぁ~人間に戻ろう!! 】

【 さぁ~人間に戻ろう!! 】

人格の多角化を行っているか?

これからの時代は、多重人格が標準となる。

企業が事業や収入源を多角化することで、
リスクの軽減と利益の増大を進めていく。

それと同じように、人格を多角化すれば、
リスクが減り、新しいチャンスも舞い込む。

それに対して、一つの人格に固執すると
衰退し呑み込まれていく。

さぁ~人間に戻ろうじゃないか!!

大量生産や効率の良さが求められて来た”資本主義”の前提から、
長年、社会のルールや価値観に合う人が求められて来たし、
社会のルールや価値観に合わない人は、排除されて来た。

そして、世の中から仲間外れにされないために、
社会のルールや価値観に合わせるために、
《本当の自分の価値観》を放棄し、無視する人が増え続けた。

これが『やりたいことが分からない』
『生きる目的が分からない』という人達が
増え続けた原因であり、
世の中の病気が増え続けている大きな原因である。

そのような、無自覚の内に住み慣れていた
“資本主義の歯車”から抜け出して、
本当の自分の価値観で生きていこうじゃないか!!

AI(人口知能)の開発が進むのはいいが、
AIが人間の五感の代替をするようになり、
人間の感覚が、どんどんと退化していっている。

病気に関しても、
『「病気は医者が治すもの」という価値観が芽生えてから、
人間本来の自然治癒力は衰退していった』
というのも、生物学の世界では常識なこと。

喜び、笑い、悲しみ、怒り、落ち込み、泣き~
それでいいじゃないか!!

さぁ~、人間に戻ろう!!

~~と、ここ数年恒例になっている”武田神社”での参拝と、
富士山のふもとでの『私は何のために命を使うか?』
という自己探求の中で強く思ったのは、これらのこと。

所詮、人。 されど、人。 だから、人。

私は人間が好きだし、
人間の未だ見ぬ可能を探求していきたい。

改めて、今年のテーマは
『人間の標準を変えていく』
というものに変更しよう。

そして、それらのテーマの新しいプログラムの開発と公開を、
今年もどんどんと進めて行きます!!

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1566683876749302&set=a.143309072420130.38093.100002231155394&type=3

【 人はもっともっと自由になれる 】

【 人はもっともっと自由になれる 】

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします!!

今朝は、朝起きた時に、突然あることが閃きました。

それは、『人は、~~すれば、もっともっと自由になれるのでは?』というようなこと。

これはとてもとても簡単な原理ではある。

そして、これを朝から自分でも試してみたところ、自然と涙が溢れてきてしまった。

何だろう~感想としては、
『これをやると、人生の些細な出来事にも、
“喜び・悦び” を感じるようになってしまう。
17段階の “意識レベル3”に住み慣れるトレーニングにいいかも…』という印象。

そして、このちょっとした原理を、

『ビジネスの分野に応用したら、どうだろう…』

『病気をやめる・やめさせる分野に応用したら、どうだろう…』

『教育の分野に応用したら、どうだろう…』

『健康寿命を伸ばさせる分野に応用したら、どうだろう…』

と、朝から考えを巡らせている。

今年の最初の『コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会』(1月10日開催)では、
元々、別な内容を扱う予定だったが、
この原理を応用したプログラムも公開しようかと考えています。

本当、この原理を人生の中に使うかどうかで、
人生の中で得られる成果や喜び・悦び、充実感、生きている感覚などは、大きな差が出てくるはず。

正月三ケ日はこの原理の応用版を考えることとしよう!!

※1月10日開催の『コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会』のイベントページは1月4日に立ち上げますが、事前予約は受付中です。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1564691540281869&set=a.143309072420130.38093.100002231155394&type=3

【 今年の総括・今年も1年ありがとうございます。 】

【 今年の総括・今年も1年ありがとうございます。 】

今年1年を振り返ると、コーチ、コンサルタント、
心理技術アドバイザーとして、
『言葉と心理技術だけで病気をやめる・やめさせる』
という技術や認知を、さらに大きく前進させた1年でした。

振り返ってみると、2015年~2016年初めの頃は、
『医師にも治せないガンが言葉と心理技術だけで治る訳が無い!!』
と、ぼろくそに言われていました。

もちろん、私の心理技術もまだまだ研究途上のものであり、
私の心理技術で、ガンが完全に消えた成功率も、
まだ89%程度であり、90%台にも到達していません。
 
そして、年末までにガンを完全にやめさせようと
動いていた末期ガンの方々についても、
ガン細胞を9割程度消したところで、
年末を迎えてしまいました。
 
しかし、今年は、ガン以外でも、膠原病(自己免疫疾患)、
突発性難聴、壊死した臓器の再生、数種の難病など、
世の中的には『治癒はあり得ない』と言われる様々な病気を
やめさせることに成功した1年でもありました。
 
 
そして、今年は、病気になった医師、大手企業の経営者、
芸術家、芸能人、ミュージシャン~などの方々からの
ご相談も増えた1年でした。
 
 
また、今年は、私が主宰する
☆シークレット・スライト・オブ・ランゲージ
☆病人でいることをやめる・やめさせる3つのステップと
18の心理技術~リアル参加コース、オンライんコース
の参加者の方々からも、ガンや難病の完治・改善報告が
続々と寄せられ始め、
『この心理技術を使えば、誰でも成果を出せる!!』
という “再現性” の証明も進んだ1年でした。
 
 
そして、今年は
☆新しいプログラム『リ・バース』を満席で4回開催できたこと、
☆初の大阪開催の1dayセミナーが130人満席で開催ができたこと
☆『ただ産むのか? 子供の将来と健康を考えて産むのか?』
というテーマの『健賢出産セミナー』のスタート
が、とても嬉しい出来事だった。
 
 
また、2017年は、数字的には次のような成果でした。
 
☆2017年、私が主催のセミナー参加者数 のべ4,904人
(WEBセミナーは除く)
☆2017年、個人セッション数 468人
☆2017年、企業研修 20社
☆2017年、企業コンサルティング 15社
☆2017年『シークレット・スライト・オブ・ランゲージ』
新規参加者数 34人
☆『病人でいることをやめる・やめさせる
3つのステップと18の心理技術・8日間コース』
参加者数 68人 (オンラインコース含む)
  
こう振り返ってみると、今年1年も数多くの方々と出逢い、
数多くの方々に、私のトレーニングに参加して戴きました。
  
そして、来年は、これに加えて、
『何のために女性という性別を選んで産まれて来たのか?』
『女性として、どう生きていくか?』
を探求していく女性向けのブログラムも、
新たにスタートさせる予定です。
 
 
来年2018年も、また新たな境地と、
その新たな境地を掴んで戴けるプログラムを公開して行きます。
 
今年も1年、ありがとうございました!!
 
 
※来年は、
1月6・7日開催の『リ・バース』(キャンセル待ち受付中)
そして、1月10日開催の
『コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会』
(事前予約受付中、また面白いことを仕掛けます!!)などから、
プログラムの公開をスタートさせていきます!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1563660707051619&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 今年の総括・今年も1年ありがとうございます。 】

【 今年の総括・今年も1年ありがとうございます。 】

今年1年を振り返ると、コーチ、コンサルタント、
心理技術アドバイザーとして、
『言葉と心理技術だけで病気をやめる・やめさせる』
という技術や認知を、さらに大きく前進させた1年でした。

振り返ってみると、2015年~2016年初めの頃は、
『医師にも治せないガンが言葉と心理技術だけで治る訳が無い!!』
と、ぼろくそに言われていました。

もちろん、私の心理技術もまだまだ研究途上のものであり、
私の心理技術で、ガンが完全に消えた成功率も、
まだ89%程度であり、90%台にも到達していません。
 
そして、年末までにガンを完全にやめさせようと
動いていた末期ガンの方々についても、
ガン細胞を9割程度消したところで、
年末を迎えてしまいました。
 
しかし、今年は、ガン以外でも、膠原病(自己免疫疾患)、
突発性難聴、壊死した臓器の再生、数種の難病など、
世の中的には『治癒はあり得ない』と言われる様々な病気を
やめさせることに成功した1年でもありました。
 
 
そして、今年は、病気になった医師、大手企業の経営者、
芸術家、芸能人、ミュージシャン~などの方々からの
ご相談も増えた1年でした。
 
 
また、今年は、私が主宰する
☆シークレット・スライト・オブ・ランゲージ
☆病人でいることをやめる・やめさせる3つのステップと
18の心理技術~リアル参加コース、オンライんコース
の参加者の方々からも、ガンや難病の完治・改善報告が
続々と寄せられ始め、
『この心理技術を使えば、誰でも成果を出せる!!』
という “再現性” の証明も進んだ1年でした。
 
 
そして、今年は
☆新しいプログラム『リ・バース』を満席で4回開催できたこと、
☆初の大阪開催の1dayセミナーが130人満席で開催ができたこと
☆『ただ産むのか? 子供の将来と健康を考えて産むのか?』
というテーマの『健賢出産セミナー』のスタート
が、とても嬉しい出来事だった。
 
 
また、2017年は、数字的には次のような成果でした。
 
☆2017年、私が主催のセミナー参加者数 のべ4,904人
(WEBセミナーは除く)
☆2017年、個人セッション数 468人
☆2017年、企業研修 20社
☆2017年、企業コンサルティング 15社
☆2017年『シークレット・スライト・オブ・ランゲージ』
新規参加者数 34人
☆『病人でいることをやめる・やめさせる
3つのステップと18の心理技術・8日間コース』
参加者数 68人 (オンラインコース含む)
  
こう振り返ってみると、今年1年も数多くの方々と出逢い、
数多くの方々に、私のトレーニングに参加して戴きました。
  
そして、来年は、これに加えて、
『何のために女性という性別を選んで産まれて来たのか?』
『女性として、どう生きていくか?』
を探求していく女性向けのブログラムも、
新たにスタートさせる予定です。
 
 
来年2018年も、また新たな境地と、
その新たな境地を掴んで戴けるプログラムを公開して行きます。
 
今年も1年、ありがとうございました!!
 
 
※来年は、
1月6・7日開催の『リ・バース』(キャンセル待ち受付中)
そして、1月10日開催の
『コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会』
(事前予約受付中、また面白いことを仕掛けます!!)などから、
プログラムの公開をスタートさせていきます!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1563660707051619&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 形になって来た!! 】

【 形になって来た!! 】

来年の春に出版予定の本の最終原稿をチェック中。
 
まず1冊目は、『病気をやめる・やめさせる』
ことに関する本で、出来るだけ簡単な言葉で説明した、
基本的なことが、とても掴みやすい内容に仕上がっていると思う。
 
そして、もう1冊は、自己啓発的な本で、
様々なエクササイズも多数盛り込む予定。
 
 
2冊共に、来春出版予定なので、
年末年始も追い込んでます!!
 
いやぁ~、やっと形になって来た!!
 
さぁ~これから2冊目のチェックだ~!!
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1562717447145945&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3