【 8回目の潜在意識ガッシャ~ン 】

【 8回目の潜在意識ガッシャ~ン 】
  
『人は、自分が“幸せ”であるということを
知らないから、“不幸”なのである。』
           ドストエフスキー
 
 
日々、多くの方々のご相談を受けている中でよく思うことは、
ドストエフスキーが言うように、
①『自分が“幸せ”であるということを知らないから、
わざわざ、上手く行かない~ということを引き起こしたり、
病気になってみたりするんだな・・・』ということと、
②『知性が目標達成や望みを叶えることを
阻害しているのでは?』
ということ。
 
賢い人々は、心配することが得意で、
失敗する理由や行動を遅らせる理由を
素早く次々に考え出す達人であり、
『失敗を恐れる達人だな・・・』ということを、よく思います。
 
 
多くの人達の目標達成や望みを叶えることを邪魔したり、
病気をやめないことの幾つかの大きな理由の1つに、
『効果的な行動を起こさない』というものがあります。
 
知識の無さも問題ではありますが、
学ぶ意思さえあれば、
世の中には学ぶ機会に溢れており、
そんなものは誰でもクリアできます。
 
 
漢字の読み書きが出来なくても、
年商数百億円稼いでいる人もいます。
 
貧困の中から立ち上がり、
平均5年で個人年収1億円を突破している人達も
何人もいます。
 
 
成功や失敗への恐れは、
成功するに当たってよくある障害でしかありません。
   
目標達成し成功する人達は、
成功することが100%・絶対的に確実になるまで
待ったりはしません。
 
 
語学や仕事の知識などは勉強すれば身に付くでしょうし、
コミュニケーションスキルなども、
努力すれば身に付くでしょう。
 
しかし、目標を達成したり、望みを叶えたりする
“人格”や“セルフイメージ”は、
単なる努力や頑張りで身に付くものではありません。
 
 
目標達成し成功する人達は、ある程度勝ち目があれば、
大胆に精力的に動き出します。
 
上手く行く人達の多くが持っている前提的な考えに
『絶対的な確信などいらない』
というものがあります。

彼らは、『そもそも人生に確信など持てない』
ということを経験から掴んでいて、
『行動しなければ、心配、後悔ばかりの人生が待っている』
ということを経験から知っています。
 
 
・・・とは言っても、
ただやみくもに動けばいいというものでもありませんし、
精神的に“気合いを入れて”“頑張って!!”と言うのも、
余りにも能がありません。
 
 
では、具体的に、どうすればいいのか?
 
昨日は、第8期シークレット・スライト・
オブ・ランゲージの12日間に渡る、
タフな集中プログラムが完了。
 
このトレーニングは、12日間掛けて、
《人を動かす“心の裏にある言葉”を変化させる
ところから、人の行動と現実に変化をもたらす
様々な言語技術&心理技術》を
集中的にトレーニングしていきます。
 
そして、その12日間掛けての様々な言語技術&心理技術は、
最後の最後にやってくる、
参加者本人の“潜在意識&メタ無意識”を『ガッシャ~ン』
とひっくり返し、潜在意識に“意識レベル1の向こう側”を
垣間見させるという、このトレーニングの“最終目的”への
序章に過ぎないのです。
 
この“意識レベル1の向こう側”を
潜在意識に掴ませるかどうかで、人生は大きく違って来ます。
 
今回の第8期シークレット・スライト・オブ・ランゲージの
卒業生からは、世の中の常識を更新しながら、
世の中を面白くしていく人が何人出て来るか?
そして、今回の第8期の卒業生から、
トランスフォーメーショナルコーチとして、
個人年収5,000万円~1億円プレーヤーになる人達が
果たして、何人出て来るか・・・とても楽しみです!!
 
 
未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 何が起きている時に“病気”が発生するのか? 】

【 何が起きている時に“病気”が発生するのか? 】
  
とてもシンプルな核心部分に気付いてしまった。
 
とても腑に落ちた。
 
『これが起きると“病気”が発生する!!』
と、とてもシンプルに説明することが可能になって来た。
 
言葉にしてみると、とても簡素なものになるが、
今回は、腑に落ち方が違う。
 
まさに、病気でいるか?健康でいるか?は、
脳の動かし方次第だし、
脳の動かし方を変えるだけで、
その直後に身体の反応が変わって来るのを、
まざまざと見せつけられたし、まざまざと気付かされた。
  
 
『そもそも、何が起きている時に“病気”が発生するのか?』
 
このことに気付かせてくれた、
スティーブ・ジョブスさん
小林麻央さん
小南奈美子さん
ありがとう。
 
また、常識の新たな進化が始められます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 運動神経と細胞を新たに創り出す心理技術 】

【 運動神経と細胞を新たに創り出す心理技術 】
  
『この技術が無ければ、様々なガン、白血病、膠原病、
ALS、糖尿病・・・などをやめさせることは、
不可能だったでしょう』
 
 
どうすれば、“運動神経と細胞”が、
新たに創られていくのか、知っていますか?
 
そして、その技術を使っていますか?
 
 
記事をUPするタイミングが遅くなりましたが、
先週末は、
『病人でいることをやめる・やめさせる3つのステップと
18の心理技術・8日間コース』の第5期、Day5~6を開催。
 
このDay5~6では、
『この技術が無ければ、様々なガン、白血病、膠原病、
ALS、糖尿病・・・などをやめさせることは、不可能だった』
という、重要な技術をトレーニング。
 
 
脳科学では、どの脳の部位を動かすと、
運動神経などが新たに創り出されるのかが分かっています。
 
そして、どのような言語と心理技術を使えば、
運動神経などを新たに創り出す脳の部位が
活発に動き出すのかが分かっています。
 
しかし、日本では、医学⇔脳科学⇔心理学⇔言語学などが
縦割りになっていて、横の連携を中々しないので、
『ほら、組み合わせれば、まだまだ可能性があるじゃない!!』
ということが、広まりにくいのでしょう。
 
 
そして、この心理技術をトレーニングした参加メンバーからも、
ご自身の病気をやめられた方、
家族やご相談者のガンをやめさせた方なども、
続々と現れて来ていますし、
ご自身で新たな心理技術を編み出している方々も
現れて来ています。
 
 
まぁ~未だに
『言葉と心理技術で病気がやめられる訳がない!!』
と言って来る人達もいますが、信じたくないには人は、
信じてもらわなくて結構。
 
 
動物としての本来の“自然治癒力”や“自己再生力”を取り戻して、
病人でいることをやめていきたい人達のために、
『使えるものは、何でも使おうよ!!』という考えの私自身と、
そして、参加メンバーの方々と共に、
さらなる研究を続けていきます。
 
 
薬や化学療法を使わずに、脳の動かし方を変えるところから、
身体を変化させていくことは、可能なのですから。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 9月末までの個人セッションのご予約を締め切らせて戴きます…

【 9月末までの個人セッションのご予約を締め切らせて戴きます 】
  
コーチング、カウンセリング、病気をやめるご相談、
起業相談などの個人セッションですが、
9月末までのご予約が満枠となりましたので、
9月末までの個人セッションの予約を締め切らせて戴きます。
  
※コーチングプログラムの参加者のセッション予約は可能です。
※法人コンサルティング契約の中でのセッション予約は可能です。
 
 
2017年10月以降のご予約は受け付けしております。
 
宜しくお願い致します。
  
  
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
梯 谷 幸 司

【 膠原病を終わらせていく、新たな脳の動かし方を発見!! 】

【 膠原病を終わらせていく、新たな脳の動かし方を発見!! 】

自己免疫疾患・膠原病(SLE)のご相談で、
私の個人セッションを受けに来られている方とのやり取りから、
新たな自己免疫疾患・膠原病を改善させる
脳の動かし方を発見した。

それにより、確実に数値も改善していっている。

そして、また改善させる新たな方法のアイデアも現れて来た。

やっぱり、自己免疫疾患・膠原病(SLE )も
普通にやめられるものだよね。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 脳を動かすのにお金は掛かりません 】

【 脳を動かすのにお金は掛かりません 】

『そもそも脳は、人を動かす”信じ込み”を、
どのように創り出すのか?
これを知って使うかどうかで、
人生で得られる成果や、人生に起きる現実は、
全く違って来るでしょう』

あなたは、なりたい自分になる記憶を、
1日何時間以上使っていますか?

日常の中で、”なりたくない自分”の記憶を
使っていませんか?

昨晩は、『なりたい自分になる記憶を創る方法…第1弾』として、
≪ “本当の自分”として旺盛にチャレンジングに
生きていくための基準を創り、
なりたい自分になれる記憶を創る3つのステップ~≫
というテーマで、第71回コミュニケーション&心理技術
トランスフォーム研究会を開催。

今回も定員一杯の70名の方にご参加戴きました。

 
脳の動かし方次第で、人生に起きる現実は違って来ます。

私も年間500名近くの方々の個人セッションをする中で、
そのことをつくづく思います。

お金を無意識に遠ざける脳の動かし方をしていれば、
お金も集まって来ません。

対人関係を悪くする脳の動かし方をしていれば、
対人関係にも苦労するでしょうし、
うつになったり、その他の病気にもなったりするでしょう。

病気になる脳の動かし方をしていれば、
病気をやめるために、医療費がかさんだりするし、
お金も余計に掛かることになるでしょう。

普段、日常の中で、成果を出したり、対人関係を良好にしたり、
健康で居続けるための脳の動かし方をするのに、お金は掛かりません。

重要なのは、脳の動き方の特徴と、
そこから来る効果的な脳の動かし方を知り、
日常の中で、その脳の動かし方をしていくことなのかも知れません。

 
実際に、脳の動かし方を変えただけで、
ガンや白血病、膠原病などをやめている方も続々と
出て来ていますし、脳の動かし方を変えただけで、
収入を倍増させている人達も数多くいます。

 
息を大きく吐ききれば、新しく息を吸わざるを
得ないように、
信じ込みを出しきれば、新しい信じ込みを
取り込むことになります。

世間一般的には、
『信じ込みやセルフイメージを変えるのは難しい』
と思われがちですが、昨日公開した
『そもそも、信じ込みやセルフイメージは、
どのように創られるのか?』が分かれば、
『信じ込みやセルフイメージを着替えるのは簡単!!』
とお分かり戴けたでしょう。

 
脳は、結構、単純なのです。

それを複雑にしているのは、”自分自身”なのかも知れません。

それだけで、得られる収入、対人関係、病気 ⇔ 健康などが
別れて来るのです。

あなたは、なりたい自分になる記憶を、
1日何時間以上使っていますか?

日常の中で、”なりたくない自分”の記憶を使っていませんか?

 
※『なりたい自分になる記憶を創る…第2弾』は、
8月18日開催の『セルフイメージ・クリーニング』
の中で扱います。
(18日のセルフイメージ・クリーニングは、
事前予約だけで、既に定員70名が満席で、
現在キャンセル待ち状態です。)

  
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
トランスフォーミング・エクスプレッションコーチ
      梯 谷 幸 司

また、『乳ガンが消えました!!』との報告あり。

また、『乳ガンが消えました!!』との報告あり。

やっぱり、言葉と心理技術で脳の動かし方を変えるだけで、ガン細胞は消えるよね。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
トランスフォーミング・エクスプレッションコーチ
      梯 谷 幸 司

【 なりたい自分になる記憶を創る・・・第1弾 】

【 なりたい自分になる記憶を創る・・・第1弾 】

『なりたい自分になれる記憶の創り方、
あなたは、もう使っていますか?』
 
 
遅くなりましたが、8月2日開催の
コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会
のイベントページを立ち上げました。
※イベントページは、コメント欄にリンクを貼ってあります。
 
多くの方から事前予約を戴いていますが、
今回の研究会のテーマをお知らせしていませんでしたので、
こちらにも掲載しておきます。
 
 
≪今回の研究会のテーマ≫
 
『なりたい自分になれる記憶の創り方、
あなたは、もう使っていますか?』
~“本当の自分”として旺盛にチャレンジングに
生きていくための基準を創り、
なりたい自分になれる記憶を創る
超重要な基本的な3つのステップ~
               
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
 
なりたい自分になれる記憶の創り方、
あなたは、もう使っていますか?
 
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
 
あなたは、なりたい自分になる覚悟はありますか?
その覚悟が無ければ、今回は参加しないでください。
 
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
 
今回紹介する“脳の動き方の特徴”を生かせば、
人を強く動かす“セルフイメージ”や“信じ込み”を
着替えるのも簡単かも。
 
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
 
 
【 本当は簡単なセルフイメージの着替え方 】

面白いことに気付いた。

人を強く動かす”セルフイメージ”や”信じ込み”には、
脳の”ある部位”が関わっている。

そして、その脳の部位の”重要な動き方”が分かってきた。

その脳の動き方を活用すれば、
人を強く動かす”セルフイメージ”や”信じ込み”の
入れ替えが簡単になり、

自分の反応や行動が自然に変化して、
     ↓
生まれる現実が変わって来ることになる。
 
 
このシンプルな原理は、
ビジネス面、対人関係面、恋愛や結婚面、
病人でいることをやめる・やめさせることなど、
ありとあらゆる分野で応用が可能だろう。
 
 
脳を“どう動かすか?”で、生まれる現実は変わる。
 
そして、脳を動かすのに、お金は掛からない。
 
人を強く動かす”セルフイメージ”や
“信じ込み”を管理する脳の”ある部位”の動かし方を知って、
その脳の動かし方を使うかどうか次第で、
様々な違いや差が産まれて来ることになるだろうし、
人生の流れを変えて行くことも容易になって来るのでは。
 
 
そこで、今回の研究会では、
《なりたい自分になる記憶を創る》第1弾として、
脳の動き方の“ある特徴”を生かして、
《なりたい自分になる記憶を創る超重要な基本的な3つのステップ》
を進めていきます。
なりたい自分になれる記憶・・・
 
あなたなら、脳の“ある部位”に、
どういう記憶をセットしますか?
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
梯 谷 幸 司

【 ~だったら、全身を使って“許す”ことをすればいい!!】

【 ~だったら、全身を使って“許す”ことをすればいい!!】
   
『最も強いものが生き残るのではなく、
最も賢いものが生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できるものである』
 
イギリスの自然科学者であるチャールズ・ダーウィンが
残したというこの言葉。
 
 
病人でいることをやめて、健康な人に戻り、
“生きる”ことをするためには、
やはり、人間にも“変化”が必要なのだろう。
 
病気がやめられない人の共通点としては、
“変化に抵抗する”というものがある。
 
 
何度も聴きなれている、このダーウィンの言葉を振り返っていて、
病人でいることをやめる・やめさせる、新たなアプローチ方法を閃いた。
 
病気を発生させている、凝り固まった脳内プログラムを柔軟にして、
“全身”を使って“許す”ということを引き起こしていく
この新たなアプローチ方法。
 
中々、“許す”ということが上手く行かなかった人達にも、
“全身”を使ってアプローチをすることにより、
効果を発揮するのではないだろうか。
 
まさに、チャールズ・ダーウィンの言うように、
『唯一生き残るのは、変化できるものである』のかも知れない。
 
 
この“全身”を使って“許す”ということを引き起こしていく
この新たなアプローチ方法は、9月3日に実施する
「ガンの方向けの1日グループセッション」で公開し、
参加者の皆さんで取り組んでいくことをします。
 
 
これは効きそうだ。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 本当は簡単なセルフイメージの着替え方 】

【 本当は簡単なセルフイメージの着替え方 】

面白いことに気付いた。

人を強く動かす”セルフイメージ”や”信じ込み”には、
脳の”ある部位”が関わっている。

そして、その脳の部位の”重要な動き方”が分かってきた。

その脳の動き方を活用すれば、
人を強く動かす”セルフイメージ”や”信じ込み”の
入れ替えが簡単になり、

自分の反応や行動が自然に変化して、
     ↓
生まれる現実が変わって来ることになる。
 
 
このシンプルな原理は、
病人でいることをやめる・やめさせることにも効くし、
ビジネス面、対人関係面など、ありとあらゆる分野で
応用が可能だろう。
 
 
脳を“どう動かすか?”で、生まれる現実は変わる。
 
そして、脳を動かすのに、お金は掛からない。
 
人を強く動かす”セルフイメージ”や
“信じ込み”を管理する脳の”ある部位”の動かし方を知って、
その脳の動かし方を使うかどうか次第で、
様々な違いや差が産まれて来ることになるだろうし、
人生の流れを変えて行くことも容易になって来るのでは。
 
 
いやぁ~脳の動き方は、実に面白く興味深い。
 
 
この原理を使って、”セルフイメージ”や”信じ込み”を
着替えていくことは、
8月2日(水)のコミュニケーション&心理技術
トランスフォーム研究会と、
8月18日(金)のセルフイメージ・クリーニングで、
エクササイズとして体験&トレーニングできるよう
公開していきます。
 
それと、この原理については、
今晩開催の無料生WEBセミナーでも、
少し解説するかも。
 
※8月2日(水)のコミュニケーション&心理技術
トランスフォーム研究会まイベントページは、
今日明日中には立ち上げます。(事前予約も受け付けます)
 
 
※8月2日(水)のコミュニケーション&心理技術
トランスフォーム研究会と、
8月18日(金)のセルフイメージ・クリーニングは、
本気で変化をしたい方、人生の流れを変えたい方だけ
ご参加ください。
ただ、原理を知りたいだけの方、
興味本位だけの方のご参加は、ご遠慮ください。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
梯 谷 幸 司