今日は福島で、お2人の方のコーチング・セッション。

今日は福島で、お2人の方のコーチング・セッション。
そして今月、46~47人目のセッションでもあります。

昨晩は、東京大学・医学部の助教授の方からお話しを聴かせて戴くことができ、そこから、また、ガンや難病を治癒させるヒントを得ました。

今月は特にガン(癌)の方のセッション依頼が急増しましたが、その方々とセッションをする中で、ガンを発生させている原因と、それを解消する3つのポイント、そして、”ガンを治癒に向かわせる暗示文”も出来上がりつつあります。

そして、昨晩得たヒントを活かして、 “ガンを治癒に向かわせる暗示文”が仕上がって行きそうです。

その暗示文を日常の中で使って戴くだけで、ガン細胞は変化を始めると思います。(過去の様々な経験から、かなりの確信有り)

潜在意識に対して、欲しいものや欲しい情報が何なのかを伝えておくと、見事にそれらを集めて来てくれるのは、本当凄いものがあります。

もちろん、潜在意識にどのように伝えるかにはコツがありますが。

あなたは、もう1人の自分(潜在意識)を上手く動かせていますか?

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 仕事が消えるこれからの時代~必要な能力とは? 】

【 仕事が消えるこれからの時代~必要な能力とは? 】
 
つい先日、日本経済新聞にこのような記事がありました。
 
『最高の酒に杜氏はいらない』
 
人気のある日本酒“獺祭”の酒蔵には、杜氏がおらず、
ITを駆使して酒造りをしているとのこと。
 
IT化により、今迄、人がしていた仕事が
次々に消えて行くこれからの時代、
必要な能力としては、どのようなものがあるのか?
 
どのような能力を持っている人が生き残り、
どのような人が、濡れ落ち葉のように消えて行くのか・・・
 
その能力の1つとして必要だと思うのは、
“もう1人の自分”を動かす能力。
 
“もう1人の自分”に振り回され続けるのか?
それとも、“もう1人の自分”を味方につけるのか?
 
意図的に“もう1人の自分”である潜在意識をコントロールして、
自分自身を≪望みが叶ってしまう状態≫に居続けさせる10年後と、
ただ受け身的に、自分を取り巻く流れに身をゆだねている10年後では、
どのような違いがありそうでしょうか?
そして、あなたは、どちらを選択しますか?
 
 
☆第43回NLPコミュニケーション&心理技術・トランスフォーム研究会☆
https://www.facebook.com/events/701028986687249/
 
 
≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫
  
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
 
      梯 谷 幸 司

【 “罪悪感”を解消すると、なぜ、不妊⇒妊娠・出産するのか?…

【 “罪悪感”を解消すると、なぜ、不妊⇒妊娠・出産するのか? 】

『ついに産まれました!!女の子でした!!』

つい先日、ある女性から、このような嬉しい報告を戴きました。

この女性は、元々『子供が苦手』と言っていた方で、その背景に無意識に”ある罪悪感”を眠らせていた方でした。

そして、4回に分けての私との個人セッションの中で、親との関係の調整、ご主人との関係の調整などもしながら、無意識に眠らせていた”罪悪感”を解消し、セルフイメージの歪みを調整することをしていきました。

そして、3カ月後『妊娠をした!!』という報告を受け、つい先日、無事に出産に至ったのです。

“罪悪感”というものは、人の心を蝕み、セルフイメージを歪ませ、ビジネスが上手くいかない、不妊、様々な病気などの現象を引き起こします。

あなたも、もし、何かが思い通りにいっていない場合、”罪悪感”を無意識に眠らせていないかをチェックして、解消していった方が良いでしょうね。

そして、今日はその方のために、写真のような子育て日記帳を購入。

この方には、子育てが落ち着いたら、自身の経験を活かしてマタニティ・カウンセラーとして活躍して戴きます!!

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

今日も、ガン(癌)の方の個人セッションが終了。

今日も、ガン(癌)の方の個人セッションが終了。
  
ガン(癌)を発生させている原因の仮説
(ある特定なメンタルモデルの歪みという仮説)
も間違っておらず、仮説は合っているという確信が
ますます強くなって来た。
 
そして、”メンタルモデルの歪み”である以上、
それは”言葉と心理技術”で治せる。
 
そして、ガン(癌)を発生させている
メンタルモデルの歪みの原因である脳内知覚フィルターを
TG型→JG型へ、反映分析型→主体行動型へ誘導すること、
そして、意識レベルを16位→5位に誘導するシンプルな質問も考案。
 
後は、コーチング的にマメにガンの方の
“メンタルモデルの歪み”を治していくだけだが、
4月末まで個人セッションの予約枠が満枠になっている状況で、
そのガンの方々のセッション時間の確保が次の課題。

これらのコーチングが出来る人を育てるのが急務だが、
ガンを直した方々にコーチ側に回ってもらうのも有りかも知れない。
 
何れにしても、これらが出来る人を育てるのが急務だ。
  
さあ!! 常識のその先へ!!
   
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
  
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 “幸せ”になるのも、“病気”になるのかも、これ次第 】

【 “幸せ”になるのも、“病気”になるのかも、これ次第 】
 
健康で幸せでいる人もいれば、
病気などで辛い思いをしている人もいます。
  
その差は、どこから生まれているのでしょうか?
  
最近、ガン(癌)の方の個人セッションを数多く引き受けさせて戴いていますが、
その中で、『病気は“思考と感情のゆがみ”から産まれている』
ということを、強く思います。
  
また、世の中を観察してみると、
年齢より若く見える人もいれば、
年齢より老けて見える人も数多くいます。
 
“健康で幸せな人⇔病気などで辛い人”
“若く見える人 ⇔ 老けて見える人”の差は、
セルフイメージの“感情のフィルター”が古いままなのか、
それとも、“幸せ・喜び”につながる、
リフレッシュされた“感情のフィルター”なのかの違いでもあります。
 
その“感情のフィルター”の違いによって、
①外部から入って来る情報が変わり、
   ↓
②脳の反応が変わり、
   ↓
③『私はどういう人なのか?』というセルフイメージ(メンタルモデル)が変わり、
   ↓
④呼び起される行動が変わり、
   ↓
⑤産まれる結果が変わって来るのです。
 
そして、その結果、
☆ あなたへの周りの人からの印象も変わり、
☆ 引き寄せられて周りに集まって来る人達も変わり、
☆ ビジネスの結果や、人間関係、恋愛や結婚などの結果も
変わって来るのです。
 
そして、3月26日(木)19時~東京・昭島で、
“感情のフィルターのアンチエイジング”をテーマにした
『セルフイメージ・クリーニング』を開催します。
(これは、東京・大井町で2月に開催した
「セルフイメージ・クリーニング」と同内容のものです)

東京・昭島のお近くの方、
2月のセルフイメージ・クリーニングにご参加出来なかった方、
ぜひ、“感情のフィルターのアンチエイジング”をしませんか?
 
残席は、あと5名です。
 
今回のものは、イベントページはございませんので、
参加を希望される方は、私宛てに個別メッセージを戴くか、
コメントを残して戴ければ、ご案内させて頂きます。
  
≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
心理技術アドバイザー
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

“シークレット・スライト・オブ・ランゲージ”の第一週末が完了…

“シークレット・スライト・オブ・ランゲージ”の第一週末が完了。

参加者の方々が、facebook内で感想などを書いてくれていますが、それらを見ていると、その方々の言語パターンが変化をしていること、そして、その方々の”思考の前提”が変化をしていることをリアルに感じます。

そして、”言葉”を使って、サクッと病気を治していく人達、サクッと世の中の社会的課題を解決していく人達、サクッと月100万円のコーチング・カウンセリング収入を得始める人達、そして、リアルに”本当の自分自身を生き始める人達”が、続々と産まれて来るでしょう。

そして、私自身も、とても意識の高い人達とトレーニング出来ることが、とてもとても嬉しい限りです。

そして、渋谷の隠れ家で、能登の肉厚な”くえ”の塩焼と、”のとてまり”という肉厚3cmの椎茸(超なめらか&超ジューシー)をつまみに、参加者の方から戴いた感想を見ながら涙しながら(笑)、そして、私自身の潜在意識と会話をしながら、第一週末の振り返り中。

シークレット・スライト・オブ・ランゲージ…世の中に新しい常識を創り出します。

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

“シークレット・スライト・オブ・ランゲージ”の第一週末が完了…

“シークレット・スライト・オブ・ランゲージ”の第一週末が完了。

参加者の方々が、facebook内で感想などを書いてくれていますが、それらを見ていると、その方々の言語パターンが変化をしていること、そして、その方々の”思考の前提”が変化をしていることをリアルに感じます。

そして、”言葉”を使って、サクッと病気を治していく人達、サクッと世の中の社会的課題を解決していく人達、サクッと月100万円のコーチング・カウンセリング収入を得始める人達、そして、リアルに”本当の自分自身を生き始める人達”が、続々と産まれて来るでしょう。

そして、私自身も、とても意識の高い人達とトレーニング出来ることが、とてもとても嬉しい限りです。

そして、渋谷の隠れ家で、能登の肉厚な”くえ”の塩焼と、”のとてまり”という肉厚3cmの椎茸(超なめらか&超ジューシー)をつまみに、参加者の方から戴いた感想を見ながら涙しながら(笑)、そして、私自身の潜在意識と会話をしながら、第一週末の振り返り中。

シークレット・スライト・オブ・ランゲージ…世の中に新しい常識を創り出します。

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 相手のLABプロファイル・パターンは、どこから産まれてい…

【 相手のLABプロファイル・パターンは、どこから産まれているのか? 】
 
相手の知覚フィルターの1つ“LABプロファイル・パターン”を、
読み取れる人は、世の中に大勢いるでしょう。
  
しかし、『その相手のLABプロファイル・パターンが、
どこから産まれているのか?』を見極めて、
それらを変化させることが出来る人は、少ないのでは無いでしょうか?
 
相手のLABプロファイル・パターンが産まれている基にある、
☆ P型・L型フィルターを変化させ、

☆17種類の意識レベルを調整し、

☆ TG型・JG型フィルターを変化させることにより、

☆LABプロファイルパターンが変化し、

☆価値基準の序列(クライテリア)が変化し、

☆信念・価値観が変化し、
   ↓
☆行動が変化し、産まれる成果や現実が変わり始める。
ということが起きてきます。
  
  
もし、それが出来なければ、
人に変化を産み出すポイントが不明確になり、
人に変化を産み出すことは難しくなるでしょう。
  
そして、プロのコーチ、カウンセラー、トレーナーを
名乗るのであれば、それが出来るか出来ないかで、
成果に大きな差が出て来るでしょう。
 
 
そして、今日はシークレット・スライト・オブ・ランゲージ、
第1期の2日目。
 
今日は昨日に引き続き、
①『その相手のLABプロファイル・パターンが、
どこから産まれているのか?』を見極めながら、
 
②その産まれている背景にある知覚フィルター
(P型・L型、TG型・JG型)を見極め、
 
③相手に無意識の内に変化を引き起こすために、
それらの知覚フィルターを、“言葉”でスライドさせ、変化をさせていく
 
トレーニングを行っていきます。
  
 
そして、各参加者のエクササイズ内容は全てビデオ撮影し、
私も含めた参加者全員でそれを見ながら、
全員でフィードバックを繰り返して行きます。
 
 
シークレット・スライト・オブ・ランゲージは、
巷にあるような、生ぬるいトレーニングはしません。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 巷によくある、生ぬるいトレーニングはしません。そして、教…

【 巷によくある、生ぬるいトレーニングはしません。そして、教えっ放しにはしません。】

第1期シークレット・スライト・オブ・ランゲージは、定員満席の17名でついにスタート!!

言葉でガンや病気を治してしまったり、世界を相手にしていくコーチ、カウンセラー、トレーナーが誕生していきます!!

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する。≫

心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 “周りから望まれる自分の姿”と、”自ら望み続ける自分の姿…

【 “周りから望まれる自分の姿”と、”自ら望み続ける自分の姿”との矛盾 】
曇り空の上には必ず青空があり、
曇り空と青空はいつも同時に存在しています。

しかし、曇り空の下に居続けると、その奥には青空があることを忘れてしまいがちです。

私のところへは、普段、ビジネスのご相談が多いですが、うつなどのメンタルの病気のご相談や、最近では、ガン(癌)や不妊のご相談も数多く受けています。

そして、特に、ビジネスが上手くいっていない方や、病気の方と話している中でいつも思うのは、 “周りから望まれる自分の姿”と、”自ら望み続ける自分の姿”との矛盾が、処置されずに放置されているということ。

ビジネスが上手くいかないというのも、ガン(癌)も、その一つの表現に過ぎません。
(抗がん剤治療をしても外科的手術をしても、治らなかったり、再発したりするのは、その矛盾が解消されていないのが原因です。)

曇り空の下に居続けて「雲があるからしょうがない」とあきらめ続けるのか?

それとも、自分のいるところを青空にしてしまうのか?

今日明日は、徳島。

その徳島に向かう途中の機内から
そんなことを思っています。

あなたは、”自分”の矛盾を解消していますか?

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司