【もしかして、“社会貢献”と“利益追求”は両立しないと思って…

【もしかして、“社会貢献”と“利益追求”は両立しないと思っていません? 】

ご自身でビジネスをされている方で、

売上や利益が伸び悩んでいる人と話していると、

その方々から

『そもそも、私はお金儲けのためにビジネスをやっているのではなく、

社会貢献のためにやっているんです!!』

という意見を聞かされることがあります。

もちろん、その『社会貢献したい!!』という意志は、

とてつもなく重要なものです。

しかし、“社会貢献”と言えども、

しっかりと売上や利益も獲得していかなければ、

ビジネスは存続できなくなって来ます。

そして、そのような売上や利益が伸び悩んでいる人と話していると、

『“社会貢献”と“利益追求”は、

そもそも両立しないと思っているんだろうな・・・』

ということを、よく思います。

・・・と言っても、売上や利益が伸び悩んでいた昔の私もそうでしたが(笑)

よく『思考は現実化する』と言われますが、

人が無意識に持っている“信念・価値観・思い込み”は、

ビジネスの成果など、創り出される現実に大きな影響を与えます。

もし、『“社会貢献”と“利益追求”は、そもそも両立しない』という

“信念・価値観・思い込み”を持っていれば、それが現実化し、

“社会貢献”も“利益追求”も中途半端で終わってしまうかも知れません。

個人年収が1億円を超えている方々とお話しさせて頂くと

よく思うのですが、その方々も

『私は社会貢献のためにビジネスをやっている!!』と言いますが、

その背景には前提として『“社会貢献”と“利益追求”は両立する』

という“信念・価値観・思い込み”があります。

『私は社会貢献のためにビジネスをやっている!!』

と同じことを言っていても、

その背景にある前提として、

『“社会貢献”と“利益追求”は、そもそも両立しない』

『“社会貢献”と“利益追求”は両立する』

という“信念・価値観・思い込み”違いから、

産まれる結果が違って来るのかも知れません。

もし、ご自身でビジネスをされている方で、

売上や利益が伸び悩んでいる方は、

ご自身のセルフイメージに

『“社会貢献”と“利益追求”は、そもそも両立しない』

という“信念・価値観・思い込み”が隠れていないかをチェックして、

もし、そのようなものがあれば、

『“社会貢献”と“利益追求”は両立する』という

“信念・価値観・思い込み”を、ご自身の“セルフイメージ”に

持たせる必要があるかも知れませんね。

では、具体的に、どうすれば、

『“社会貢献”と“利益追求”は両立する』という

“信念・価値観・思い込み”を、

自分自身の“セルフイメージ”に持たせることが出来るのか?

・・・それは、そのうち公開します。

≪ ビジネスにもっと心理技術を!! ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

あなたは、本当に、自分を愛せていますか?

あなたは、本当に、自分を愛せていますか?

人は、目の中に入ったゴミはすぐに取ろうとするのに、

なぜ、心の中に入ったゴミは、すぐに取ろうとせずに、

そのまま放置してしまうのでしょう?

どうすれば、心の中に入ったゴミを捨てることができるのでしょうか?

自分で自分を愛していない人を、周りの人が愛してくれるでしょうか?

“自分を愛する”には、どうしたらいいのでしょうか?

『自分で自分を愛せていないかも・・・』と思う方・・・

月に1回は、自分自身の“心”のクリーニングに来ませんか?

残席4となっています。

ご興味がある方は、お早目にどうぞ。

☆12月16日開催 セルフイメージ・クリーニング☆

https://www.facebook.com/events/667288210036155/667288363369473/?comment_id=667291396702503&notif_t=event_mall_comment

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

『子供を産みたくない~という思いから、女性器のガンになる人が…

『子供を産みたくない~という思いから、女性器のガンになる人が増えて来る~』

このコメントは以前、ハーバード大学で医師もしていた

某大学教授からお聞きしたお話しです。

最近、女性器のガンの方からの相談が相次いだこともあり、

この話を思い出しました。

そして、今、不妊で悩まれている方々や、

産前・産後のお母さん向けのケアプログラムを考案したり、

以前から取り組んでいる『結婚したくない!!』と

生涯独身でいる立場を取っている方々向けのプログラム作成に

取り組んでいますが、

①無意識内の「子供を産みたくない~」という思いから、女性器のガンになる人

②不妊で悩まれている方々

③結婚したくない!!と生涯独身でいることを決めている方々、

この①~③の方々に共通する“背景に隠された不完了な想い”の存在に

気付きました。

また、この①~③の背景にあるLABプロファイル・パターン

(脳内知覚フィルター)として、

“あるもの”に対して“強い外的基準型”の方々が①~③の方々に

共通して多いということが分かり始めました。

そして、今の日本の流れから言うと、

①~③の方々に共通する

“背景に隠された不完了な想い”や

“あるもの”に対して“強い外的基準型”

で居る方々は増え続けるでしょうし、

そういうことからも、某大学教授が言われた

『子供を産みたくない~という思いから、女性器のガンになる人が増えて来る~』

というのは、どうやらリアルに現実となって来るのかも知れませんね。

この無意識内に放置された不完了な想いや感情、

そこから派生した脳内知覚フィルターが、

人間の身体に及ぼす影響についてさらに見えて来たのと同時に、

無意識内に放置された不完了な想いや感情などを解消する技術として、

私が公開している“セルフイメージ・クリーニング”の中の

幾つかの技術も効果を発揮するということが分かって来ました。

さらに研究と、心理技術の開発を進めて行きます!!

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 メンタルを調整していない母親から産まれた子供は、なぜ、障…

【 メンタルを調整していない母親から産まれた子供は、なぜ、障害を持つ可能性が高くなるのか? 】

『”義務”か”望み”かで、妊娠の確率は大きく変わる』

『海外の不妊の定義と日本の不妊の定義は食い違う。そして、その違いから植え付けられる”思い込み”が不妊の大きな原因。』

『普段から〇〇しない人は、そもそも妊娠しにくい。』

『普段から〇〇していない人から産まれる子供は、障害を持って産まれる可能性が高くなる。』

『普段、車での移動が多い人は妊娠しにくい。』

『メンタルを調整していない母親から産まれた子供は、発達障害などを引き起こしやすい。』

昨晩は、不妊の方々が妊娠するためのプログラム、そして、産前産後のお母さんのケアのプログラム考案のために、様々な業界紙に登場する専門家・福岡由理さんと打合せ。

メンタルが身体に及ぼす影響や、メンタルが不妊に大きく影響を与える関係性、メンタルが整っていない親と子供の障害の関係性などが、さらにハッキリとしてきました。

私のところへは、不妊の相談も時々持ち込まれますが、新しいプログラムによって、かなりの問題が解消できるのでは…

この分野はこれからも研究・発展させていきます!!

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

“ハンガー + しゃもじ + 眼鏡 ”の組み合わせで、

“ハンガー + しゃもじ + 眼鏡 ”の組み合わせで、

なぜ、悩みが解決したのか分かりますか?

私のところへは、プロのコーチ、カウンセラーの方々も

多く相談に来られますが、先日、このようなご相談を受けました。

『コーチをしているのだけれど、まだ自信が無く、

高い料金を取れず、つい、安い値段で引き受けてしまったり、

友達から頼まれると「半額でいいよ!!」と

自分から値下げを申し出てしまう。

そんな自分を何とかしたいんです・・・』

そして、その方に私が出した宿題が、

『ハンガーに、しゃもじと、眼鏡をぶら下げて、

それを、お客様の目にも留まる玄関の目立つところに

掛けておいてください。』

というもの。

そして、何のこっちゃ理解できないまま、

写真のような“ハンガー + しゃもじ + 眼鏡 ”を

玄関の目立つところに掛けておく

という宿題を実行した(15日間程度掛けていたとのこと)

相談者から、このような報告が入って来ました。

『何か普通に正規料金の説明をしている自分に気付きました。

そして、あっさりと継続コーチング契約が取れました!!』と。

この宿題を通して、実にシンプルなメッセージが

相談者の無意識に届いたことにより、

悩みが解決してしまったのですが、

なぜ、このような仕掛けで相談者の悩みが

解決したのか分かりますか?

人間の潜在意識の動きは、実に素直で、シンプルなのかも知れません。

念のため言って置きますが、私のところへ相談に来ると、

毎回このような意味不明な宿題を出す訳では無いので、ご安心を。

※催眠技術を学ばれた方や、

プロのコーチ、カウンセラーの方であれば、

『なぜ、この宿題を実行させたことにより

相談者の悩みが解決したのか?』

簡単にお分かりの方も多いかと思いますが、

この解決した理由が分かっても、

コメント欄などに書かないようにお願いします。

(答えをアッサリと知られるとつまらないので(笑))

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 “勇気を持つ”という言葉は、なぜ、セルフイメージの中身と…

【 “勇気を持つ”という言葉は、なぜ、セルフイメージの中身として禁句なのか? 】

私は、昨日の記事で

『セルフイメージの中身を創るに当たって、

“勇気を持つ”などの幾つかの言葉は禁句!!入れないように!!』

と書きましたが、

そのことについて複数の方からお問い合わせを頂いたので、

改めて簡単に説明します。

人は、同じ時間・お金・労力を使っても、

その人がどの意識レベルにいるかで、

産まれて来る成果やパフォーマンスは違って来ます。

ちなみに私は、その人間の意識レベルを

プラス~マイナスまで17種類に分けています。

そして私は、コーチングやカウンセリング、コンサルティングなどの中で、

相談者が『 17種類のどの意識レベルに居るか?』

『どの意識レベルに移行させるか?』

『どのように意識レベルを移行させるか?』を考えて対応します。

そして、“勇気”というレベルは、17種類の意識レベルのうち、

マイナスのレベルに位置付けしています。

つまり、“勇気を持つ”という言葉やイメージを

セルフイメージの中身に入れてしまうとセルフイメージそのものが、

そのマイナスの意識レベルに設定されてしまうことになり、

大きな成果やパフォーマンスを産まない温床となってしまうのです。

そのため、“勇気を持つ”という言葉など幾つかの言葉を、

セルフイメージの中身を創る時は禁句としているのです。

あなたのセルフイメージは大丈夫ですか?

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

『勇気を持つ、自信を持つ、努力、根性、頑張る~は“禁句”です…

『勇気を持つ、自信を持つ、努力、根性、頑張る~は“禁句”です!!』

昨日は、『2015年用のセルフイメージの中身を創る

~ビジネスの成果、収入、人間関係を大きく成長

させるための3つの技術~』というテーマで、

第39回コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会を開催。

その中で強調したのが、上の『 』内のこと。

セルフイメージの中身を創る上で

これらの言葉を盛り込むと、様々な抵抗が生まれ、

望みを叶えることや、目標を達成することは困難になって来ます。

あなたのセルフイメージ・・・

『勇気を持つ、自信を持つ、努力、根性、頑張る』

という言葉や思いがくっ付いていませんか?

※次回、第40回コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会は、

2015年1月7日(水)に開催します!!

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 生き埋めにされた感情は絶対に死なない 】

【 生き埋めにされた感情は絶対に死なない 】

毎月、20数社の企業のコンサルティングや、

月40名前後の個人セッションをさせて頂く中で、

よく思うことが、

『過去を過去として終わらせていない人が多いんだな・・・』

ということ。

日々、仕事や生活をしていれば、楽しいことも喜ばしいこともあれば、

悲しみ、怒り、不安、焦り、妬み、劣等感・・・など、

ネガティブな感情を持ってしまうこともあります。

しかし、人は痛みに慣れやすいものです。

いつしか、その痛みを忘れ、嫌な記憶は忘れられがちになりますが、

その記憶に付いているネガティブな感情は消えずに、

生き埋め状態で残ります。

そして、その生き埋めにされたネガティブな感情は、

役に立たない“信念・思い込み”として膨らみ、人を縛り、

人の行動を制限し、望みを叶えること、目標を達成することの

足を引っ張り始めます。

表の意識(顕在意識)では、それは過去のことであっても、

裏の意識(潜在意識)では、それは“現在進行形”で残っているのです。

だから『頑張っても上手くいかない~』『思い通りにいかない~』

という現象が起きて来るのです。

自分の表現や行動を無意識に抑えているもの、

望みを叶えること、目標を達成することを邪魔しているものを

解消するためには、

≪過去を過去として終わらせていくこと≫

が必要です。

では、具体的に≪過去を過去として終わらせていく≫

ためには、どうすればいいのか?

今度の“セルフイメージ・クリーニング”では、

2014年を振り返り、

①自分自身に起きた、様々な体験の記憶に付けた意味付けを変えること

② 2015年を迎えるにあたり、セルフイメージの大掃除をすること

を、幾つかのエクササイズを通して、皆さんで進めていきます。

足を引っ張る“記憶”をそのまま残して2015年を迎えるか・・・

それとも、

その“記憶”の意味付けを変え、過去を過去として終わらせて

2015年を迎えるか・・・

あなたは、どちらの自分で2015年を迎えますか?

☆12月16日開催 セルフイメージ・クリーニング☆

https://www.facebook.com/events/667288210036155/667288363369473/?comment_id=667291396702503&notif_t=event_mall_comment

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

意識障害などで、言葉を発することが出来ないと

意識障害などで、言葉を発することが出来ないと

思われている方々から、言葉を引き出したり、

会話をしたりというボランティア『体当たり白雪姫プロジェクト』。

私はこの『体当たり白雪姫プロジェクト』に1年以上参加を

続けていますが、そのプロジェクトの存在を知り、

参加のきっかけとなったのが、この『僕のうしろに道はできる』という映画。

つい無意識のうちに、周りの医者や家族などが、

『この人は、もう動けないから・・・』

『この人は、もう話せないから・・・』

と、患者さんに対して余計な“先入観”を持って関わってしまい、

それが、どれだけ、患者さん本人を不自由にさせてしまっているのか・・・

そのような、“先入観の罠”とも言える、

人と関わる上で、とても重要なことに気付かせてくれた映画でもあります。

そして、その『僕のうしろに道はできる』の上映会が

12月7日に東京昭島で開催されます。

当日は、私も運営スタッフとして会場にいます。

ご興味がある方は、この機会にぜひ!!

▼こちらからお申込みできます▼

http://ws.formzu.net/fgen/S96912039/

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

心理技術アドバイザー

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 12月の個人セッションの予約を締め切らせて戴きます 】

【 12月の個人セッションの予約を締め切らせて戴きます 】

今月12月のコーチング、カウンセリング、起業相談の

個人セッションですが、今月のご予約が既に35人を突破し、

個人セッションの月間枠が満枠となりましたので、

予約を締め切らせて戴きます。

※コーチングプログラムの参加者のセッション予約は可能です。

※法人コンサルティング契約の中でのセッション予約は可能です。

2015年1月のご予約は受け付けしております。

宜しくお願い致します。

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

心理技術アドバイザー

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司