【 “タイムトリック”を使うと、現実はどう変化するか? 】

【 “タイムトリック”を使うと、現実はどう変化するか? 】

最近は、私のところへ音楽家・ミュージシャンの方の
コーチング依頼が増えているが、その中のある方から、
『ここ1カ月で、予想外のところからのオファーが
急増し始めた!!』
というような報告を幾つか戴いている。
 
音楽家・ミュージシャンの方でも、
芸能人でも、スポーツ選手でも、
企業経営者の方々でも、アプローチ方法に違いは無いが、
この報告を戴いた方々には、マインドトリックの一種である
“タイムトリック”を試して戴いた点が違っている。
 
ちなみに、この“タイムトリック”という技術は、
“タイムライン”と呼ばれる技術とは全くの別物。
 
正直、私自身も未知数な心理技術ではあるが、
とりあえず、“成果を出す”と言うことが加速されるのかも知れない。
 
そして、今の興味は、この“タイムトリック”を
ビジネス面以外の、対人関係面や、健康管理面、
『病気の改善を加速させること』など、
様々な場面で応用が出来るのではないか?・・・ということ。
 
 
脳にだまされるか?
脳をだますか?
 
1年後~3年後~5年後~10年後~
人生の質や、創り出される現実は、
どのように違って来るでしょうね。
 
 
※この “タイムトリック” は、明日開催の
コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会
でもエクササイズしていきます。(キャンセル待ち受付中)
 
※また、6月2日開催のLIFE is butterflyでも、
“タイムトリック” や “マインドトリック” を
ふんだんに使ったイメージワーク(潜在意識を教育する)を
していきます。(こちらは事前予約を受付中)
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
心身言語療法家
トランスフォーメショナル・コーチ
梯 谷 幸 司

コメントを残す