【 新しい神経回路を創ると、なぜ、ガンや膠原病が消えていくの…

【 新しい神経回路を創ると、なぜ、ガンや膠原病が消えていくのか? 】

私の個人セッションを受けている方から、
今週だけで、乳がん、子宮頸がん、大腸がんの
3件の改善報告が入っているのと、
膠原病(SLE 全身性エリテマトーデス)の改善報告が1件、
そして、私が主宰する
シークレット・スライト・オブ・ランゲージのメンバーから、
クローン病(膠原病の一種)の改善報告も入って来た。
(写真は、膠原病を表す数値が下がって来た推移)
  
いずれも、もちろん薬や化学療法などは一切使用せずに、
使ったのは言葉と心理技術のみ。

まぁ~、ガンや膠原病が消えるのは普通のことなので、
あまり驚きは無いが、『何が効いたのか?』
『どのような脳の動かし方が、身体を反応させ、
病気を創っていたのか?』には、毎回とても興味を惹かれる。

特に今週、改善報告をくださった方々については、
脳と身体に新しい神経回路を創っていくアプローチをした方々。

脳と身体に新しい神経回路を創っていくと、
脳と身体の反応が変化し、
免疫力や、自然治癒力が活性化してくるのだと推測される。

まだまだ、気付いていない可能性がありそうだ!!
 
 
※『どうすると、新しい神経回路を創れるのか?』
~ 一部は、明日開催の
『1dayセミナー言葉と身体のスゴイ力』(講師: 梯谷礼奈)
でも公開しますが、詳細は11月23日大阪で開催の
1day特別セミナーで公開をしていきます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

コメントを残す