【 意外な盲点 】

【 意外な盲点 】

細かいことですが、日々、多くの病気の方の
個人セッションをしている中で、気付き始めたことがあります。

それは、今流行りの “マインドフルネス” や “ヨガ” を
熱心にやっている人で、それを熱心にやることが
『病気の発生・継続の原因になっている人が多いのでは~』
ということ。

“マインドフルネス” や “ヨガ” そのもの考え方などは素晴らしいが、
それらをする人の脳の動かし方がズレていると、
病気の発生・継続が起きてしまう流れが、脳と身体の中に出来てしまう。

“マインドフルネス” や “ヨガ” そのものは素晴らしくても、
それらから発生する盲点に気付いていない人が、
“マインドフルネス” や “ヨガ”を教えても問題が出て来るだろうし、
また、生徒側も、その脳の動かし方のズレに気づいていないと、
ダメージを受けてしまうことになる。
 
 
この場合の脳の動かし方のズレは、
『 “自由”ということの定義のズレ 』にも似ている。
 
まぁ~細かいことなので、興味がない人も多いかも知れませんが、
ちょっと気になったので、書いておきます。
 
いやぁ~個人的には、この点は盲点だった。 
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

コメントを残す