【 感動(涙)  あきらめるもんじゃないね・・・ 】

【 感動(涙)  あきらめるもんじゃないね・・・ 】

ステージ4の末期ガンで、全身にガンの転移があった方から、
『病院で検査したところ、ガン細胞の約85%が消えていた!!』
との報告が入って来た。
 
このペースでいくと、年内には、ガンが完全消滅してしまうと思われる。
 
  
この方の個人セッションの記録を見返しながら、
またご本人にも『何が効いたと思いますか?』
と確認をしてみると、
やはり、
☆この方自身が、潜在意識の奥の“メタ無意識”の
差し替えに対して、とても柔軟であったこと、
 
☆脳の動かし方を、元々の“FE型”から“FA型”に切り替え、
日常の中で“FA型”で居続けることを徹底していたこと、
 
が、末期ガンから見事に回復を始めた要因と思われる。
 
 
そして、何より、この方は、
“何のために生きるのか?”がハッキリとしていた。
それも、とても功を奏した。
 
単に、その“生きる目的”について、
脳内での情報処理の仕方にズレがあっただけ
のようにも思う。
 
 
最初にご相談を受けた時は、
医師からも『もう無理』と言われていた方で、
私自身も正直、『これは難しいな・・・』と思っていた。
 
・・・が、あきらめるもんじゃないね。
やはり、末期ガンであっても、何とかなるね。
 
高級外車のフェラーリやランボルギーニに乗っても、
ドライバーの運転能力が低いと、
その車の性能が発揮できないように、
素晴らしい性能・機能を持っている“人間の脳”でも、
それを扱う能力が低いと、
“生命力、自己再生力、自然治癒力”などは
発揮しにくいのかも知れない。
 
今回の事例は、人間本来の
“生命力、自己再生力、自然治癒力”などの凄さを
見せられた気がする。
 

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

コメントを残す