【 ただの人格でいるか? 愛される人格でいるか? 】

【 ただの人格でいるか? 愛される人格でいるか? 】
 
『生きる目的を達成する計画や戦略、
そして、愛されること、幸せになることの計画や戦略を
“脳に持たせていない”と、
脳は、失敗や葛藤を達成する計画や戦略を持ち始めてしまう』
 
このことは、私が普段、多くのビジネスのご相談や、
対人関係、病気のご相談を受ける中で、
つくづく思うことです。
 
 
「ただの人格のまま」過ごした来年2018年末と、
「愛される要素・幸せを感じる要素を持った人格」
で過ごした来年2018年末と、
どのような違いが出てきそうでしょうか?
 

『生きる目的を達成する計画や戦略、
そして、愛されること、幸せになることの計画や戦略を
“脳に持たせて”過ごした来年2018年末と、
失敗や葛藤を達成する計画や戦略を
“脳に持たせて”過ごした来年2018年末と、
どのような違いが出てきそうでしょうか?
 
 
『愛される人の人格で居ると、
本当に愛され始めるんですね!!
もっと若いうちに知りたかった!!』
  
『私に近づいてくる人達のタイプが、突然変わり始めています!!』
 
『年末から来年に掛けて、
劇的に収入がUPしそうな兆しが出てきました!!』
 
『上手く言えないけど、「私は私として生きている!!」
という感覚が強くなって来た』
 
『20年以上、旦那を責め続けていたけど、許すことにした。
そして、旦那にも「許す」と伝えた。 
これからは、“私の人生”をやり直します!!』
 
 
記事をUPするのを忘れていましたが、11月17日に、
11月度の“セルフイメージ・クリーニング”を、
『来年2018年、“愛される人、幸せを感じる人”でいるための
人格の構造を組み立てる3つのステップ
~セルフイメージ・クリーニング』というテーマで開催。
 
 
そして、上の感想や変化の報告は、
そのセルフイメージ・クリーニングの参加者の方々から
寄せられたものの一部です。
 
 
本当、「ただの人格のまま」で過ごすのと、
「幸せを感じる要素」や「愛される要素」
を持った人格で過ごすのとでは、
自分の中で呼び起こされる反応や、
そこから生み出される結果に違いが出て来るのだと思うし、
そこから時間が経てば経つほど、
その結果の差も大きくなって来るはず。
 
 
人生は1度切り。
 
どのような人格・アイデンティティで
過ごすことを選択しますか?
 
 
※12月1日LIFE is butterflyでは、2018年に向けて、
『愛される要素、幸せになる要素を人格に持たせよう!!』
というテーマで、様々なイメージワークを使って、
潜在意識を教育していきます!! 
 
詳しくは、コメント欄のイベントページで
ご覧戴けます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1530965376987819&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

コメントを残す