【 “マインドフルネス”で病気になる人達の新たな共通点 】

【 “マインドフルネス”で病気になる人達の新たな共通点 】

以前、『マインドフルネスをやればやるほど病気になる人達~』
ということを書いたが、
相変わらず、間違った“マインドフルネス”が原因で
病気が発生・継続していると思われる方々からのご相談は多い。
 
以前は、『マインドフルネスの中で言われる
“今”ということの定義がズレている(間違えて認識している)
ことが原因』ということを書いたが、
私のところへ病気のご相談に来られる方々のお話を聞いていると、
『マインドフルネスをやればやるほど、病気になる人達』が
増え続ける大きな要因が他にもあることが分かって来た。

マインドフルネスが流行るのはいいが、相変わらず、
間違ったまま教えられている人が多いのかも知れない。
 
※このことは1月20日(土)に開催の1day特別セミナーの中でも
解説をしていきます。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

コメントを残す