【 ~だったら、”私”ということの記憶を変化させればいい!!…

【 ~だったら、”私”ということの記憶を変化させればいい!! 】

『確かに、この方法であれば、
人を無意識に動かす記憶を変えていくことが可能だ!!
理に叶っている!!』
 

先週末は、1day特別セミナー
『【最新版】病気になる脳の動かし方 健康になる脳の動かし方』を開催。

今回も、北海道~沖縄まで、
全国から105名の参加者の皆様にお集まり戴きました。

そして、冒頭に書いた『確かに、この方法であれば~』
という感想は、今回もご参加戴いた、
東京大学の脳科学研究チームの助教授の方から戴いた感想です。

ちなみに、今回の1day特別セミナーのテーマは、
『“私”の定義を変えると、なぜ、脳の動き方が変わり、
身体が変化してくるのか?』~というもの。

そして、その中でも特に、
『病気をやめるには、“うっかり”という“油断”が重要な鍵!!』
 
『“孤独感や絶望感”は、とても大切な感覚であり、
生きる目的は見つけるためには、“孤独感や絶望感”が効果的』
 
『母親の胎内に居た時の母親の記憶と、
出産にまつわる母親のつぶやきが病気を創る』
 
『“私”ということの背景にある
“自由”、“愛”、“幸福”ということの定義を変えると、
なぜ、身の回りに起きる現実や身体が変化をするのか?』
 
~ということを、様々な事例やエクササイズを交えて、
解説&セルフ・トレーニングを進めて行きました。
 
 
そして、先週土曜日の1dayセミナーの参加者の方々から、
『自分に必要な情報が降って来る感覚が掴めて来た!!』
 
『油断したからか、数十年続いていた片頭痛が消えました』
 
『長年悩んでいた麻痺が消えました!!』
 
『“人生の再評価”のエクササイズをやり直してから、
「え~っ、うっそ~っ」と言いたくなる
大きなビジネスの依頼が入って来た!!』
 
~などの様々な報告が集まり始めています。
 
 
この『“私”の定義』を、どうコントロールしていくかで、
人生の質や得られる成果や、
健康状態は違ったものになってくるでしょう。
 
本当、鍵は、『“私”の定義を変えて、進化させていくこと』
なのだと思います。
  
あなたの『“私”の定義』は、あなたを健康にしてくれ、
あなたに成果をもたらしてくれる『“私”の定義』
になっていますか?
 

私も、近々、大きなニュースを発表する予定です!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1588229057928117&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

コメントを残す