【 ガンの消し方は、ガン細胞が教えてくれた 】

【 ガンの消し方は、ガン細胞が教えてくれた 】
 
昨日、『普通の細胞⇒ガン細胞にしてしまう時の、
とても特徴的な脳の動かし方を発見!!』
ということを書いたが、
そこから考え出した「脳の動かし方の調整」を試みていた
末期ガンで入院をされていた方から、
『約20日でガンが小さくなり、退院することになりました!!』
との嬉しい報告が、先程、飛び込んで来た。

 
この方も、元々、
『普通の細胞⇒ガン細胞にしてしまう特徴的な脳の動かし方』
をしていた方。
 

この『脳の動かし方の調整方法を、
どのようにして気づいたのか?』と問われれば、
『ガン細胞が教えてくれた』としか言いようがない。

この脳の動かし方には、まだまだ研究の余地が多分にあるが、
ものすごい可能性を秘めているのではないだろうか?

覆っていた分厚い雲が晴れて、青空になって行くように、
この分野をさらに解明していきます。

新しい夜明けが来るかも。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1660543584029997&set=a.143309072420130.38093.100002231155394&type=3

コメントを残す