【 この病気を発生させる意外な原因、知っていました? 】

【 この病気を発生させる意外な原因、知っていました? 】
 
世の中で増え続ける糖尿病、乳がん、肺の病気、腎臓の病気、
統合失調症、うつ・・・などの発生原因として、
意外な原因があることをご存知でしょうか?
 
このことは、日々、多くの方々の個人セッションをする中で
気付いていたことでもあり、
よく『母親の胎内に居る時の記憶が、
その後の人生の中の体験の起因となる』
『母親の胎内に居る時の記憶や、
出生時の記憶をやり直した方がいい』と言いますが、
実は、海外の大学や研究機関では、
さらに細かく研究がされていたようです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪研究事例≫
母親が、強めにダイエットや食事制限をしていたり、
自分自身に栄養を与えないことをしていると・・・
 
☆妊娠後~3か月目までに母親が
ダイエットや食事制限などをしている場合
→その胎内の子供は、将来、乳がん、糖尿病が発生しやすい。
 
☆妊娠後4か月~6か月目まで母親が
ダイエットや食事制限などをしている場合
→その胎内の子供は、
将来、肺の病気、腎臓の病気が発生しやすい
 
☆妊娠中に母親がダイエットや食事制限などをしている場合、
時期に関係なく、その胎内の子供は、
将来、統合失調症やうつになりやすい。
そして、これらのパターンは、
遺伝子を変化させることになり、
生涯続くパターンとなりやすい。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
この現象は、ある脳の動かし方が、大きく影響しています。
 
では、なぜ、このようなことが起きるのか?
そして、このことを、どのように解消していくことが可能か?
 
 
昨晩は、『健康と未来を大きく左右する遺伝子の表現を、
どう調整していくか?』というテーマで、
4月度の無料生WEBセミナーを開催。
 
昨晩は、700名超の皆様にご参加戴きました。
 
そして、その中で、
『この現象は、どのような脳の動かし方が、
大きく影響しているのか?
そして、そのことを、どのように解消していくことが可能か?』
~などの解説を進めて行きました。
 
 
この点は、とても重要なことなので、
4月24日、5月25日、6月26日開催の
『病気をやめる・身体を変える心理技術研究会』の中でも、
解説と、それらを解消していくエクササイズの公開を
していきます。(全て、違う内容を扱います)
 
 
本当、遺伝子や細胞は、色々なことを気付かせてくれます!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1665387036878985&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

コメントを残す