【 《最新版》生き方を変え、病気をやめていくLIFE戦略 】

【 《最新版》生き方を変え、病気をやめていくLIFE戦略 】

『ビジネスで高収入や売上を伸ばしたい!!』
『人に喜ばれよう、人や世の中の役に立ちたい!!』
『誰かと繋がっている感覚が欲しい!!』
という思いがある時、脳の苦痛系が動き続けて、
病気になりやすくなるのはなぜか、知っていますか?
  
日々、多くの病気の方からのご相談や、
ビジネスのご相談などを受ける中で、
『喜びの持ち方がズレていると病気になるんだな・・・』
と痛感しています。

4~5月に病気のご相談で来られた53名の方は、
100%全員、喜びの持ち方がズレていました。
 
 
例えば、『あのレストランに行きたい!!』と思って、
道を歩き続けていても、そもそも、その道が間違っていれば、
いくら歩き続けても、そのレストランにはたどり着きません。
 
それと同じように、
そもそも、『喜びの持ち方がズレている』状態で喜びを求め続けても、
その喜びは手に入らず、心の奥深くでは『イライラ~っ』と葛藤が続きます。
 
喜びを求めるのは素晴らしいことですが、
問題なのは、『喜びの持ち方がズレたまま』で喜びを求め続けること、
そして、その状態を長く継続してしまうこと。
 
 
そして、日常の中で、無自覚の内に
『ビジネスで高収入や売上を伸ばしたい!!』
『人に喜ばれよう、人や世の中の役に立ちたい!!』
『誰かと繋がっている感覚が欲しい!!』
という思いから、仕事をしたり、人と関わったり、
勉強をしたり、自分の将来を考えたり、
様々な反応や行動を呼び起こしている人も多いはず。
 
これらの思いが原因で、
苦痛なことを情報処理する脳の部位(苦痛系)が動き出し、
        ↓
苦痛に対応するための信号が身体内に出され、
        ↓
コルチゾールやアドレナリンなどのホルモン物質が分泌され、
        ↓
そのホルモン物質の影響により、
☆免疫機能の低下
☆血糖値の上昇
☆心拍数の上昇
☆血圧の上昇
などが引き起こされ続け、
        ↓
その状態が続くことにより、“病気”というものが発生してくるのです。
 
 
そして、問題なのは
『脳の苦痛系』を動かし続ける時間が長く続くこと。
 
しかし、そもそも、日常の大半を『脳の苦痛系』を
動かし続けていることに気付いていない人が大半かも知れません。
 
では、具体的に、日常の中で何をやっている時に
『脳の苦痛系』を動かしているのかを発見して、
それを『脳の報酬系』が動くようにしていくには、どうすればいいのか?
 
病気をやめる・身体を変える、
健康を維持する・健康寿命を伸ばすには、
日常の中で、どのようなLIFE戦略を使うと効果的か?
 
遺伝子情報を変えて行くためには、
どのようなLIFE戦略を使うと効果的か?
 
 
そこで、7月21日(土)に、これらのテーマを扱う
1day特別ワークショップを開催することとしました。
 
この1day特別ワークショップでは、
遺伝子情報を調整していく技術を応用した
多くのエクササイズに取り組みながら、
『病気をやめる・身体を変えるための、日常でのLIFE戦略を創る』
ことを進めていきます。
 
※今回は、ワークを中心に進めるため、
定員80名という少人数で進めていきます。
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  
≪当日の内容≫ ※どれも超重要なエクササイズのみ扱います。

①日常の様々な場面で、『脳の苦痛系』を動かしているか?
『脳の報酬系』が動かしているか?、
現在、無意識に使っている『LIFE戦略』を
チェックするエクササイズ
 
②『喜びの持ち方のズレ』のチェックするエクササイズ
 
③人間に与えられた『もう1つの遺伝子』との関係性
≪25種のパターン≫の現在の状態をチェックするエクササイズ
 
④遺伝子情報を変化させていく技術を使った、
人間に与えられた『もう1つの遺伝子』との関係性
≪25種のパターン≫に変化をつけていくエクササイズ
 
⑤脳の報酬系を動かす『喜びの持ち方』をセットする
エクササイズ
 
⑥日常の中で、病気をやめる・身体を変えていく
『LIFE戦略』を組み立て、調整していくエクササイズ
 
⑦その他のエクササイズ
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  
つくづく、“病気”とは、『喜びの持ち方がズレているよ~』
というサインなのだと思います。
 
 
2018年、そして、それ以降も、
健康でいて、望みを叶え、幸せを創って行くか?
それとも、弱い健康状態で過ごしていくか・・・
あなたは、どちらの自分でいますか?
  
 
自力で、身体を変え、生き方を変え、
人生を変えて行きたい方へ
 
 
※定員80名に対して、残席は12名(9:00現在)です。
定員になり次第、締め切ります。
 
※開催概要は、コメント欄のイベントページからご確認頂けます。
 
※参加を希望される方は、イベントページ内の
お申込みフォームからお申込みください。
参加ボタンを押しても参加予約にはなりません。
参加お申込みをされる方は、上記のお申込みフォームから
お申込みを戴けます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1696474913770197&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

コメントを残す