【 あなたの求める“喜び”は、枠の外か? 枠の内側か? 】

【 あなたの求める“喜び”は、枠の外か? 枠の内側か? 】

また1つハッキリとしてきた。
 
人が求める“喜び”が、
《“ある枠の外側”にある喜び》であれば、
その喜びを求めていると健康でいられるが、
《“ある枠の内側”にある喜び》を求めていると、
『何か思い通りにならない・・・』という葛藤が生まれ、
ビジネスや対人関係が上手くいかなくなったり、
脳の苦痛系が動き続けて、病気になりやすくなるということ。 

この点も、とても単純なことすぎて 、正直、盲点だった。
 
この点も『心の形が違うと、創られる現実が違ってくる』
ということの一例と言える。

 
これは、もう少し理解しやすい形にして、
6月1日(金)LIFE is butterfly
6月6日(水)コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会
の内容に盛り込んでいきます。

 
この “ある枠” とは何なのか?
 
また一つ、《心⇔脳⇔身体⇔現実》の関係性が解けてきた!! 

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

コメントを残す