【 認知症をやめる突破口になるかも!! 】

【 認知症をやめる突破口になるかも!! 】
 
『〇〇欲求をハッキリとさせて行動をし始めてから、
認知症の症状が全く出なくなりました!!』
 
私が主宰する《病人でいることをやめる・やめさせる
3つのステップと18の心理技術・8日間コース》
のメンバーから、このような報告を受けた。
 
本人は、さら~っと、その様子を話していたが、
その内容を分析してみると、
① 〇〇欲求をハッキリとさせた上で、
       ↓
② 〇〇欲求の背景のメタ無意識パターンを
「体験基準→目的基準」に切り替えて、
       ↓
③ コース内でトレーニングをする
《脳の海馬(記憶を保存する部位)を調整する心理技術》を
組み合わせて、脳の前頭前野と海馬が活性化するよう
脳の動き方を調整する
~という流れになっている。
 
 
確かに、①②③を組み合わせることにより、
ダメージを受けた海馬が記憶を保存できなくなっていた
状態から、海馬が活性化してきて、
記憶が保存できる状態に戻ることは、
とても理にかなっている。
 
このことは、認知症をやめたい方、
衰えて来た認知機能を改善させたい方、
認知症を予防したい方にとっては、
一つの突破口になるのではないだろうか?
 
そして、この方は、このことをプログラム化して、
関西方面で公開をしていくことで動き始めた。
 
《病人でいることをやめる・やめさせる3つのステップと
18の心理技術》のメンバーも、
続々と活躍し始めてくれているのが、実に嬉しい。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1725904054160616&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

コメントを残す