【 『I(アイ・私) = 哀(アイ)』になっていませんか? …

【 『I(アイ・私) = 哀(アイ)』になっていませんか? 】
 
☆ 明日19:30~の6月度の無料生WEBセミナー
≪病気になる脳の動かし方 健康になる脳の動かし方≫
のテーマを決定しました!!
 
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
 
≪今回のテーマ≫
 
病気⇔健康を分けるセルフイメージ
『I(アイ・私) = 哀(アイ)』になっていないか?
 
 
≪テーマ概要≫
 
Q1、“金銭・収入・経済面”、“人間関係”、
“物質面”、“情報・知識面”、“体験面”などで、
何が、どのような状態になったら、
『喜び・幸せが満たされている』と言えますか?
 
 
Q2、上記Q1で回答したことが手に入らないとしたら、
どのようなことを思いそうですか?
  
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
 
もし、Q2の回答が、
『不安を感じる』
『恥ずかしい』
『やっぱり無理だったか・・・』
『手に入れられない自分を情けなく思う』
『ムカつく!!』
『悲しい・・・寂しい・・・』
『負けた気がする』
・・・などの回答の場合、
あなたの『病気⇔健康を分けるセルフイメージ』は、
《I(アイ・私) = 哀(アイ) 》になっている可能性大です。
 
 
“セルフイメージ ”の構造が《I(アイ・私) = 哀(アイ) 》
になっている状態のままだと、喜び・幸せを求める時に、
哀しみなどのネガティブな状態が脳内で同時に想起され、
《ポジティブ⇔ネガティブ》という“二重拘束状態”に
ハマることになってしまい、
前に進まない状態、葛藤状態が引き起こされてしまい、
苦痛を感じるため→『行動をしない』という状態が
引き起こされがちになります。
 
そして、『弱気なことを言っている場合じゃない!!
気合いで何とかするぞ~!!』と動こうものなら、
脳の苦痛系が激しく動き続けてしまい、
『ビジネスが上手くいかない』
『対人関係が上手くいかない』
『病気や事故が発生』
などの現象が発生したりします。
 
日々、病気などのご相談を受けている中で、
『この方は、I(アイ・私) = 哀(アイ) になっているな~』
とつくづく思います。
 
では、
☆“セルフイメージ ”の構造が
《I(アイ・私) = 哀(アイ) 》になっていないか?
のチェックは、どうしたらいいのか?
 
☆《I(アイ・私) = 愛(アイ) 》という状態は、どういう状態なのか?
 
☆《I(アイ・私) = 哀(アイ) 》から《I(アイ・私) = 愛(アイ) 》に
~を切り替えていくには、何ができるのか?

~などを、今回のWEBセミナーでは解説していきます。
 
 
2018年もそろそろ折り返しに入る、この時期。
 
そして、人生100年時代の今。
 
あなたの『病気⇔健康を分けるセルフイメージ』が
《I(アイ・私) = 哀(アイ) 》になっていないか?
《I(アイ・私) = 愛(アイ) 》になっているか?
をチェックしてみませんか?
 
 
※WEB生セミナーは、どなたでもご覧戴けます。
視聴登録は、コメント欄のURLからご登録できます。
 
 
※6月15日開催の「セルフイメージ・クリーニング」では、
上のような内容を、さらに細かく、深く、
エクササイズとして体験して戴き、
「半年に1回のセルフイメージの大掃除」を
参加者の皆さんで進めて行きます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

コメントを残す