【 1年後、5年後、10年後・・・どういう現実の差が出るか?…

【 1年後、5年後、10年後・・・どういう現実の差が出るか? 】
 
“自由であるため”の脳のメカニズムと心理技術を使った
1年後、5年後、10年後・・・と、
それらの脳のメカニズムと心理技術を使わなかった
1年後、5年後、10年後・・・
どういう現実の差が出ていると思いますか?
 
 
明日7月3日開催の
『コミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会』
に2名空席が出ました。(どなたでもご参加戴けます)
 
今からでも参加希望の方は、私宛に個別メッセージをくだされば、
先着順で受付させて戴きます。
 
 
≪明日の研究会のテーマ≫
  
≪超重要!!≫“自由”であるためには、
『人を〇〇〇〇〇〇〇〇〇必要がある!!』
この見落とされがちな重要な原則を、
自分の日常や人生に、どう織り交ぜていくか?
自由になるのではなく、
『“自由”である』ためのLIFE戦略を考える
 
※概要は、コメント欄のイベントページをご覧ください。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
   梯 谷 幸 司

コメントを残す