【 “選ばれる人”が観ている現実 ⇔ “余る人”が観ている現…

【 “選ばれる人”が観ている現実 ⇔ “余る人”が観ている現実 】
  
あるレストランに入ったとする。
 
レストランの席に付いてから、
ある人は“内装”を気にし始め、
ある人は“店員の接客態度”を気にし始め、
ある人は“メニューの値段”を気にし始め、
ある人は“食材の産地”を気にし始め、
ある人は“お店に来ている客層”を気にし始め、
ある人は“自分の財布の中身(残金)”を気にし始める。
 
 
そのレストランで見えること、聞こえること、
香りや匂い、温度感など、
起きている現実は誰にとっても同じでも、
自分の意識のパターンが選り好みをして、
ある風景だけを見始めて、
勝手に“それが現実だ”と思い込み始める。
 
 
“現実”というものは、幾重にも重なっている。
  
そして、自分の意識のフィルターが、
①“P型⇔L型”か?
②17種類の意識レベルのうち、どの意識レベルか?
③“TG型⇔JG型”か?
④“FE型⇔FA型”か?
⑤どのメタプログラムパターンか?
⑥クライテリアの順序は?
⑦どのような信じ込みと合い、合わないか?
で、自分が観て、選び取る現実を無意識に決めてしまう。
 
 
現実は幾重にも重なっていて、どんな現実でも選べるのに、
意識フィルターがそれに制限を掛けてしまい、
その制限が掛かった風景が『現実だ!!』と信じ込み、
動き始めてしまう。
  
そして、“選ばれる人”が観ている“現実”と、
“余る人”が観ている現実も、ただ違っているだけのこと。
  
そして、その背景で、見る現実を選り好みさせている
“①~⑦の7種のフィルター”が、違っているだけのこと。
 
 
“現実を観る方法”を変えていくトレーニングを積んだ、
シークレット・スライト・オブ・ランゲージの参加メンバーが、
 
☆相談者が経営する会社のムードの中にある
“言語パターン”を変えて、業績を伸ばさせ始めたり、
 
☆免疫細胞を“言葉”でコントロールして、
子供のアトピーをやめさせたり、
 
☆心理技術だけで、相談者のガンや白血病をやめさせたり、
 
☆1回のセッションで、引きこもりや多重人格をやめさせたり、
 
☆認知症をやめさせたり、
 
☆高次脳機能障害を改善させたり、
 
など、参加メンバーが様々な結果を創り始めているが、
これらも、相談者が見ていた“現実”を言葉で変えさせたから、
起きてきたこと。
 
 
そして、先週末は、そのような現実を創り出す
“言葉と心理技術”を徹底的にトレーニングする
『シークレット・スライト・オブ・ランゲージ第9期』
がスタート!!
 
今回も、定員オーバーの10名の方々にご参加戴いています。
 
 
特に、今回の第9期からは、内容も一部刷新し、
さらに強めの内容にしてあります。
 
今回のメンバーの中からも、
自分自身が創り出す現実を変化させて行ったり、
クライアントや相談者の現実を変えさせたり、
世の中の常識を更新していく人達が続出して来るでしょう。
 
 
人生は一度切り。
 
“選ばれる人”が観ている“現実”と、
“余る人”が観ている現実・・・
あなたは、どちらの“現実”を観ていきますか?
 
 
今回の第9期も、全国から濃い皆様が集まっています!!
 
 
※シークレット・スライト・オブ・ランゲージ第10期は
2018年2月にスタートします。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 “本当の自分”を生きる醍醐味を味わっていくために 】

【 “本当の自分”を生きる醍醐味を味わっていくために 】
 
『人が無自覚のうちに求める、
“自由”、“愛”、“幸福”、“優しさ”などの定義を
調整すると、なぜ、免疫力が強くなり、
病気が消えて健康になっていくのか?』
 
『その時、脳の動きはどうなっていて、
身体の内部はどう反応しているのか?』
 
『では、具体的に定義をどう見直し、
どう調整すればいいのか?』
 
 
9月27日は、9月度の無料生WEBセミナー
《病気になる脳の動かし方 健康でいる脳の動かし方》
をネット上で開催。
 
この無料WEBセミナーは、毎回生中継でしているもので、
今回は、ついに、1回のセミナー参加者が700名を突破しました!!
 
そこで今回扱ったテーマが、
『“自由”、“愛”、“幸福”、“優しさ”などの定義を調整すると、
なぜ、免疫力が強くなり、病気が消えて健康になっていくのか?』というもの。
  
今回も、とてもとても重要なポイントを解説させて頂きました。
 
特に今回の内容は、最近、ガンや膠原病など、
免疫系の病気をやめさせるスピードを加速させることに
つながっている方法でもあります。
 
とても高性能なパソコンを持っていても、
それを使いこなす人の技術が乏しいと、
そのパソコンの性能を発揮しきれないように、
脳の動かし方の技術が乏しいと、
元々、高機能な脳を使いこなせなくなるでしょうし、
そこから創られる現実にも、大きな差が出てくるのかも知れません。
 
人生は一度切り。
 
病気に振り回されることに時間を使うのか?
 
“本当の自分”を生きる醍醐味を味わっていくのか?
 
あなたは、どちらを選択しますか?
 
 
※これらの深く重要なワークに取り組んでみたい方は、
☆11月23日(祝)大阪で開催
☆来年1月20日(土)東京で開催
の『【最新版】病気になる脳の動かし方 健康になる脳の動かし方』
でも体験&学んで戴けます。
 
また、10月12日(木)開催の
『セルフイメージ・クリーニング』でも、
また別な角度から
『“本当の自分”を生きる醍醐味を味わっていく』ための
エクササイズを体験&学んで戴けます。
 
 
※次回の無料生WEBセミナーは、10月18日(水)19:30~になります。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 感動(涙)  あきらめるもんじゃないね・・・ 】

【 感動(涙)  あきらめるもんじゃないね・・・ 】

ステージ4の末期ガンで、全身にガンの転移があった方から、
『病院で検査したところ、ガン細胞の約85%が消えていた!!』
との報告が入って来た。
 
このペースでいくと、年内には、ガンが完全消滅してしまうと思われる。
 
  
この方の個人セッションの記録を見返しながら、
またご本人にも『何が効いたと思いますか?』
と確認をしてみると、
やはり、
☆この方自身が、潜在意識の奥の“メタ無意識”の
差し替えに対して、とても柔軟であったこと、
 
☆脳の動かし方を、元々の“FE型”から“FA型”に切り替え、
日常の中で“FA型”で居続けることを徹底していたこと、
 
が、末期ガンから見事に回復を始めた要因と思われる。
 
 
そして、何より、この方は、
“何のために生きるのか?”がハッキリとしていた。
それも、とても功を奏した。
 
単に、その“生きる目的”について、
脳内での情報処理の仕方にズレがあっただけ
のようにも思う。
 
 
最初にご相談を受けた時は、
医師からも『もう無理』と言われていた方で、
私自身も正直、『これは難しいな・・・』と思っていた。
 
・・・が、あきらめるもんじゃないね。
やはり、末期ガンであっても、何とかなるね。
 
高級外車のフェラーリやランボルギーニに乗っても、
ドライバーの運転能力が低いと、
その車の性能が発揮できないように、
素晴らしい性能・機能を持っている“人間の脳”でも、
それを扱う能力が低いと、
“生命力、自己再生力、自然治癒力”などは
発揮しにくいのかも知れない。
 
今回の事例は、人間本来の
“生命力、自己再生力、自然治癒力”などの凄さを
見せられた気がする。
 

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 ガンが消えた時、“自由”の定義はどう変わっていたのか? …

【 ガンが消えた時、“自由”の定義はどう変わっていたのか? 】
 
一昨日の夜、薬や化学療法を一切使わずに、
私の心理技術のみで子宮頸がんを消した2人の女性と会食。
 
私が2人に確かめたかったのは、ガンが消える前と消えた後で、
『本人の中の“自由”の定義はどう変わっていたのか?』という点。
 
やはり、ガンが消える前と消えた後では、
本人の中の“自由”ということの定義が変化していて、
その新しい定義に基づいて行動をし始めたことにより、
『ただガンが消えていった~』ということがリアルに分かって来た。
 
無自覚のうちに求めているものの方向性がズレていれば、
望まないズレた目的地に到着してしまうように、
やはり、本人の中の
『自由とは?、愛とは?、幸せとは?、優しさとは?、望みとは?・・・』
などの基本的な価値の定義がズレていると、
病気など、望まない状態が現実化されてくるのだろう。
 
 
では、どのような定義になっていると、
病気など、望まない状態が現実化されてくるのか?
 
詳しくは、明日の夜19時半~開催の
無料生WEBセミナーで解説します。
 
 
※明日の無料生WEBセミナーの視聴登録は、
コメント欄のURLから登録戴けます。
 
 
あなたの“自由”の定義は、ズレたままになっていませんか?
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 “メタ無意識”のポジションを多元化・流動化させると? 】

【 “メタ無意識”のポジションを多元化・流動化させると? 】
 
あなたは、2018年用のビジネス・セルフイメージは、
もう創りましたか?
 
あなたの現在の“メタ無意識”のポジションは、
ビジネスを伸ばしてくれますか?
 
ビジネスの成果を左右する
“メタ無意識”のポジションを多元化・流動化させてみると、
どうなりそうでしょうか?
 
  
人の意識は、表からいくと、
『顕在意識 ⇒ 潜在意識 ⇒メタ無意識 ⇒ 五感情報』
となっています。
 
そして、人は普段、顕在意識と潜在意識には
注意を向けがちですが、
そもそもの、それらが入っている器“メタ無意識”の形次第で、
現実に創られてくるビジネスの成果などは、違って来ます。
 
そして、その“メタ無意識”のポジションや構造に
注意を払わずに動いていても、
その“メタ無意識”のポジションや構造が
成果が上手く出る形になっていればいいが、
上手く成果が出ていなければ、
その“メタ無意識”のポジションや構造は、
見直した方がいいもの。
 
そこで今回は、
①メタ無意識の多元化・流動化のトレーニングと、
②2018年に向けて、
『メタ無意識をどのポジションに置くか?』
『メタ無意識を、どういうパターンにしておくか?』
をエクササイズをしながら、皆さんで考えて行きます。
 
 
・・・来たる2018年
ビジネスの成果を左右する“メタ無意識”を調整した、
2018年のビジネス・セルフイメージは、もう組み立てましたか?
 
  
※ 遅くなりましたが、9月26日(火)開催の
起業家向け・セルフイメージ・チューニングの
イベントページを立ち上げました。
(イベントページは、コメント欄から)
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 糖尿病は普通にやめられるのに… 】

【 糖尿病は普通にやめられるのに… 】

『国内の糖尿病の方が1千万人台に入った』
というニュースが出ましたね。

私の家族やクライアントは、皆、糖尿病をやめたし、
脳の動かし方を変えていくところから、
糖尿病は普通にやめられるものなのに。

ガンと膠原病の個人セッション数が
落ち着いて来たら、
今度は糖尿病の解消に動き出そうかな。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 何が可能で、何が不可能なのか? 】

【 何が可能で、何が不可能なのか? 】

私の心理技術をマスターした方から、
新たに、肺ガンの完治報告と、
『心臓病で壊死した心臓の弁が、なぜか再生したようだ』
という興味深い報告が入って来た。

主に心臓病を扱う病院のサイトを見ると、
『一度、壊死した心臓の弁は再生しない』
と書かれているが、果たして、どうなのだろうか?

例えば、私の個人セッションを受けていた方で、
乳ガンで右胸を、あばら骨が透けて見える位に切除した方で、
個人セッションである技術を試してから、
『切除したはずの右胸が、切除していない左胸と比べて、
1ヶ月半で約8割生えて復活して来た!!』
という驚きの報告ももらっている。

果たして、何が可能で、何が不可能なのか?

現実は、私の中の常識も簡単に超えていく(笑)

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 意外な盲点 】

【 意外な盲点 】

細かいことですが、日々、多くの病気の方の
個人セッションをしている中で、気付き始めたことがあります。

それは、今流行りの “マインドフルネス” や “ヨガ” を
熱心にやっている人で、それを熱心にやることが
『病気の発生・継続の原因になっている人が多いのでは~』
ということ。

“マインドフルネス” や “ヨガ” そのもの考え方などは素晴らしいが、
それらをする人の脳の動かし方がズレていると、
病気の発生・継続が起きてしまう流れが、脳と身体の中に出来てしまう。

“マインドフルネス” や “ヨガ” そのものは素晴らしくても、
それらから発生する盲点に気付いていない人が、
“マインドフルネス” や “ヨガ”を教えても問題が出て来るだろうし、
また、生徒側も、その脳の動かし方のズレに気づいていないと、
ダメージを受けてしまうことになる。
 
 
この場合の脳の動かし方のズレは、
『 “自由”ということの定義のズレ 』にも似ている。
 
まぁ~細かいことなので、興味がない人も多いかも知れませんが、
ちょっと気になったので、書いておきます。
 
いやぁ~個人的には、この点は盲点だった。 
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 新しい流れは着実に 】

【 新しい流れは着実に 】

今日は、1day特別セミナー『言葉と身体のスゴイ力(チカラ)』を開催(講師は梯谷礼奈)。

今回は、東京大学の脳化学研究チームの先生にもご参加戴き、また開催回数を重ねる度に、現役医師の方の参加率も増えて来ています。

新しい流れは着実に来ています!!

1day特別セミナー『言葉と身体のスゴイ力(チカラ)』は進行中です!!

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究者
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 新しい神経回路を創ると、なぜ、ガンや膠原病が消えていくの…

【 新しい神経回路を創ると、なぜ、ガンや膠原病が消えていくのか? 】

私の個人セッションを受けている方から、
今週だけで、乳がん、子宮頸がん、大腸がんの
3件の改善報告が入っているのと、
膠原病(SLE 全身性エリテマトーデス)の改善報告が1件、
そして、私が主宰する
シークレット・スライト・オブ・ランゲージのメンバーから、
クローン病(膠原病の一種)の改善報告も入って来た。
(写真は、膠原病を表す数値が下がって来た推移)
  
いずれも、もちろん薬や化学療法などは一切使用せずに、
使ったのは言葉と心理技術のみ。

まぁ~、ガンや膠原病が消えるのは普通のことなので、
あまり驚きは無いが、『何が効いたのか?』
『どのような脳の動かし方が、身体を反応させ、
病気を創っていたのか?』には、毎回とても興味を惹かれる。

特に今週、改善報告をくださった方々については、
脳と身体に新しい神経回路を創っていくアプローチをした方々。

脳と身体に新しい神経回路を創っていくと、
脳と身体の反応が変化し、
免疫力や、自然治癒力が活性化してくるのだと推測される。

まだまだ、気付いていない可能性がありそうだ!!
 
 
※『どうすると、新しい神経回路を創れるのか?』
~ 一部は、明日開催の
『1dayセミナー言葉と身体のスゴイ力』(講師: 梯谷礼奈)
でも公開しますが、詳細は11月23日大阪で開催の
1day特別セミナーで公開をしていきます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司