【 決して楽な道では無かった12日間 】

【 決して楽な道では無かった12日間 】
  
『これは心理技術がどうこうではなく、
それを遥かに超えた、自分の人生と向き合い、
人生を変えて行くプログラムだった。』
 
『オセロゲームの駒がひっくり返っていくように、
人生をひっくり返すことは可能だと言うこと、
そして、その技術をトレーニングした。』
 
『人生のパズルを解き、自由になっていく方法を
徹底的に学んだ。』
 
『12日間で、すっかり人格が変わっちゃいました!!』
 
 
1週間以上経ってしまったが、7月29日に
私が主宰する『シークレット・スライト・オブ・ランゲージ』
の第11期が完了。
  
通算11回目の参加者の“潜在意識ガッシャ~ン”を実行しました。
 
そして、今回は、12名の
『トランスフォーメショナル・コーチ』が誕生。
 
 
この“潜在意識ガッシャ~ン”は、
「意識レベル1(悟り)」のレベルの向こう側を
チラッと垣間見させる体験。
 
このシークレット・スライト・オブ・ランゲージの、
12日間のタフな心理技術のトレーニングは、ただの準備体操。
 
それは、“潜在意識ガッシャ~ン”につなげるための
準備体操なのです。 
 
そして、参加者の方々から戴いたのが、冒頭の感想。
 
 
「意識レベル1」のレベルの向こう側を垣間見た体験が
あるかどうかは、人生の中で創り出す現実に
大きな差を創って行くことでしょう。
 
 
そして、“禅”をベースにして、脳科学、言語学、心理学などを
色々と織り交ぜたこのトレーニングは海外からの問い合わせも多く、今回トレーニングが修了したトランスフォーメショナル・コーチの中からも、海外の人達を相手にしていく人達が現れて来ることでしょう。
 
 
そして、毎回そうだが、
参加者の様々な人生の体験のパズルの謎が解け、
オセロゲームの駒がひっくり返っていくように、
人生をひっくり返し、自由さを取り戻し、
生き直し始めるそれらの姿は、感動の連続だった。
 
それらのプロセスは、非常に泥臭く、
人生や自分自身に向き合うという、
決して楽な道では無かったと思う。
 
しかし、参加者の方々からの感想でも多かったが、
やはり、『人は自由になれる』のだと思う。
 
そして、人は、未体験の未知の人生があるにも関わらず、
それを体験せずに終わってしまう人が大半なのかも知れません。
 
人生は1度切り。
 
あなたは、未体験の日常を味わいながら、
生きる醍醐味を味わっていきますか?
 
それとも、味わずに生き続けますか?
 
さぁ~、あなたも新しい旅を始めませんか!!
 
 
シークレット・スライト・オブ・ランゲージ第12期は
10月~スタートです!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1815725918511762&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

第11回 世界が相手のコーチ・カウンセラー

第11回 世界が相手のコーチ・カウンセラー
による『新作ワークショップ発表 国際大会』

スタートです!!

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1801978399886514&set=a.143309072420130.38093.100002231155394&type=3

【 “生きる目的”に気付いていくための、身体の動かし方 】

【 “生きる目的”に気付いていくための、身体の動かし方 】
  
あなたは、
『“生きる目的”に気付いていくための、身体の動かし方』
そして、
『自分基準・自分軸を強化していくための身体の動かし方』
は、日常の中でもう使っていますか?
 
 
『この身体の動かし方を知っているかどうかで、
人生の質が、全く違って来ますね!!』
 
『この身体の動かし方をしてから、家族の動き方が
ガラっと変わり、私をサポートしてくれる流れになって来ました!!』
 
『この身体の動かし方をしていると、
リウマチや神経痛の痛みが消えてしまうんです!!
もっと早く知りたかった~!!』
 
 
先日、7月24日は、
第5回『病気をやめる・身体を変える心理技術研究会』を開催。
 
今回のテーマは、
≪『病気をスーッとやめていく人達は、何をしているのか?』
健康と身体に関する“限界”と“確信度合い”をコントロールする≫
というもの。
 
そのセミナー参加者の方々から、上のような感想が
寄せられ始めています。
 
 
“万病の元”と言われ、多くの病気の原因となる脳の動かし方として
『他者基準(外的基準)』というものがあります。
 
『他者基準(外的基準)』という脳の動かし方(メタ無意識)は、
収入面で低所得にしてしまうということでも有名な脳の動かし方。
 
 
この『他者基準(外的基準)』で“健康でいたい理由”を捉えていると、
病気が発生したり、病気が長引いたりします。
 
この脳の動かし方(メタ無意識)は、≪1つの限界≫とも言えるもの。
 
そして、実は、普段の身体の動かし方を変えて行くことによって、
万病の元となる『他者基準(外的基準)』から、
健康でいるための『自分基準(内的基準)』に、
脳の動かし方(メタ無意識)を変えて行くことが可能なのです。
 
 
実際、最近、ガンなどの重い病気から脱け出して
戴いている方々には、この方法を続けてもらっていたのです。
 
これも、とても重要な『1つの限界を脱け出していく方法』です。
 
そして、もちろん、その他の“限界”の壊し方や、
治療の成否を分ける“確信度合い”のコントロール方法もトレーニング。
 
 
つくづく、「病気⇔健康」を分けるのは、
≪脳の動かし方のスキルの差≫だと思いますし、 
『平均寿命70歳時代の“古い常識”や“古い限界”』を
使っているから病気になるのでは?』とも、
日々、強く思わされます。
 
 
あなたが無意識に使っている“常識”や“限界”は、
これからの『人生100歳時代』の“常識”や“限界”に
なっているでしょうか?
 
人生は一度切り。
そして、人生100歳時代の今。
 
あなたは、“生きる目的”に気付いていくための、
身体の動かし方をしていますか?
 
さぁ~、あなたも新しい旅を始めませんか!!
  
 
※次回の第6回『病気をやめる・身体を変える心理技術研究会』
は、8月24日(金)開催です。
ここでは、現在検証中の新しい心理技術を公開予定です。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1800682950016059&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 そろそろ9月末までの個人セッションを締め切ります 】

【 そろそろ9月末までの個人セッションを締め切ります 】
  
本日最後の個人セッションが終了。
 
9月23日(日)に大阪で開催の7月21日1day特別ワークショップ
『病気をやめる・身体を変えるLIFE戦略を創る』も、
募集開始から1日で定員87名が満席となりました。
ありがとうございます。
 
そして、問い合わせなどのメールも、100件以上溜まっている。
こちらも順次、返信をしていきます。
 
 
やはり、個人セッションの予約も月45人以下にしていこう。

9月末までの個人セッションの予約枠も、
ほぼ埋まって来ましたので、そろそろ締め切らせて戴きます。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1796582060426148&set=a.143309072420130.38093.100002231155394&type=3

【 限界から脱け出すために、身体のどこをどう動かすのか? …

【 限界から脱け出すために、身体のどこをどう動かすのか? 】

またお1人、末期ガンからの脱出に成功!!
ついに、退院となったとの報告有り。

ガン細胞が消えることは不思議なことでは無いので、
そのことに感動は無いが、
人がダイナミックに生き方を変えて行く姿には、毎回感動する。
 
そして、この方は、私が最近勧めている
『効果的なLIFE戦略の構築』と
『日々のその実行戦略』を実行されていた方。
 
そして、この方は、まだ一般の方には未公開の
『身体の一部を使って、人間にとっての
“ある限界” から脱け出すための技術』も
試して戴いていた方。
 
また、この“ある限界”は『所得格差』の開きを
創り出すことでも知られている限界。
 
高所得者の特徴として、この“ある限界”を超えている人が多い。
  
お金のことを考えるだけで、脳の苦痛系が動いてしまうので、
やはり、この限界も脱け出しておいた方が、
身体は健康を保ちやすい。
 
また、この“ある限界”は、万病の元でもあるので、
脱け出しておいた方がいいもの。
 
 
いい機会なので、今晩開催の
『第5回 病気をやめる・身体を変える心理技術研究会』
で、この限界を脱け出す技術を公開していきます!!
  
 
限界から脱け出すために、身体のどこをどう動かすのか?
 
 
これは面白いかも!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1794374990646855&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 身体を変え、人格を着替え・・・そして、旅の始まり 】

【 身体を変え、人格を着替え・・・そして、旅の始まり 】
 
『末期ガンという取り組んだ問題の激しさに比べて、
LIFE戦略の実行のプロセスは驚くほど簡単でした。
そして、その効果は信じられないほど強力でした。』
 
 
これは、末期ガンになっていた某大手企業の社長で、
危険な末期ガンの状態から脱け出して、
ガンを半減させている方からの、
私が勧める“LIFE戦略”に関するご感想です。
 
 
現代医学に見放され、死の淵に立たされた末期ガンの方々、
そして、『この病気は一生付き合っていくしかない』と
医師から告げられた難病の方々などが、
《生きる》ことの真の意味に気づき、
病人でいる“偽りの自分”から脱け出し、
“本当の自分”を生きていくための“LIFE戦略”。
 
 
そして、先週末7月21日は、1day特別ワークショップ
『病気をやめる・身体を変えるLIFE戦略を創る』
を開催。
 
今回も、医師、看護師、医療関係者の方々、
そして、現在、ご病気の方々、コーチ、カウンセラー、
整体師、鍼灸師、そして一般の方々など、
全国から88名の皆様にご参加戴きました。
 
そして、今回も、私の心理技術に共感をして頂き、
東京大学で、私の技術の裏付けとなるような基礎研究を
進めて戴いている脳科学研究チームの先生にも
ご参加戴きました。
 
 
そして、セミナー終了後の東京大学の先生との会食の中でも、
『生存や安全の確保を考えると、人間は、楽しいことより
苦痛を印象深く記憶するようになっている』という話題が出たが、
セミナー中、参加者のエクササイズの内容を見ていても、
無自覚なうちに“脳の苦痛系”を動かし、病気になっていくように
『生存や安全の確保を考えている人』が余りにも多いことに、
とても驚かされた。
 
 
冒頭に書いた危険な末期ガンの状態から脱け出して、
ガンを半減させている某大手企業の社長が言うように、
効果的なLIFE戦略を一度創り込んでしまえば、
『病気という問題の激しさ』に比べて、
『LIFE戦略の実行のプロセスは驚くほど簡単』
なのかも知れない。
 
そして、『そもそも病気とは何なのか?』
『人間のメカニズムとは?』
『遺伝子は、何に反応をして振る舞い方を変えるのか?』
ということも、さらにハッキリとして来た。
 
 
《生きる》ことの真の意味に気づき、
身体を変え、人格を着替え・・・
そして、“本当の自分”の旅の始めていく・・・
 
さぁ~あなたも動き出しませんか?
 
 
※同内容の1day特別ワークショップ
『病気をやめる・身体を変えるLIFE戦略を創る』は、
9月23日(日)大阪でも開催します。
近日中に正式にイベントページを立ち上げます。
 
※7月24日19時~の
「病気をやめる・身体を変える心理技術研究会」では、
7月21日に公開したものとは別な『健康と身体に関する
“限界”と“確信度合い”をコントロールする』という方法も
公開します。
こちらも、ぜひご活用ください!!
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1793081710776183&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 鍵は、健康でいる目的を入れる「器の形」 】

【 鍵は、健康でいる目的を入れる「器の形」 】
  
『〇〇〇〇心理学の先生や、熱心に勉強している人達が、
なぜ、次々と病気になっているのか?』
 
『最近、病気をスーッとやめていく人達は、
リアルに何をやっているのか?』
 
『遺伝子や脳は、何の指示に従っているのか?』
 
 
昨晩は、7月度の無料生WEBセミナーを開催。
昨晩も800人近くの皆様にWEB上でご参加戴きました。
 
そして、昨晩のWEBセミナーで扱ったのが、
上のようなテーマ。
 
巷では、様々なカタカナが付いた『〇〇〇〇心理学』
というものが広まっており、
それらの心理系の学びが広まるのはいいですが、
一方では、それらの心理学を教える先生やインストラクター、
トレーナー、そして、それらの『〇〇〇〇心理学』などを
熱心に学ぶ方々の中で、ガン、白血病、リンパ腫などの症状になり、
ご相談に来られる方が急増しています。
 
 
なぜ、そのようなことが起きて来るのか?
  
そこには、重要な脳の動かし方の不都合なパターンがあります。
それらの『〇〇〇〇心理学』が悪い訳では無く、
『〇〇〇〇心理学』との関わり方の、
脳の動かし方がマズイのです。
 
そのことに気付いていない方が、とても多いのでしょう。
 
そして、『最近、病気をスーッとやめていく人達は、
リアルに何をやっているのか?』
 
『〇〇〇〇心理学』などを熱心に学んで、
不都合な脳の動かし方をしてしまっている人も、
その他の病気が中々やめられない人達も、
『健康でいる目的を入れる「器の形」が
好ましくない形になっている』という共通点があります。
 
どのような素晴らしい健康でいる目的を掲げても、
それを保存しておく「器の形」が好ましくない形であれば、
残念ながら、脳の苦痛系が動いてしまい、
病気など不都合な真実が発生して来るのです。
  
 
では、健康でいる目的を入れる「器の形」は、
どのような形にしておけばいいのか?
 
昨日のWEBセミナーでも、とても重要なポイントを
解説していきましたが、
☆7月21日東京開催、そして、9月23日大阪開催の
『病気をやめる・身体を変えるLIFE戦略を創る』
でも集中的にトレーニングしていきます。
 
また、7月24日19時~の
『病気をやめる・身体を変える心理技術研究会』では、
WEBセミナー内で解説をした、
『健康と身体に関する限界・確信度合いをコントロールする』
というトレーニングを体験&学んで戴けます。
 
 
人生は一度切り。
そして、人生100歳時代の今。
 
限界に振り回されて健康を害するか?
限界を逆利用して、さらに健康になっていくか?
 
あなたは、どちらの自分でいますか?
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1786015028149518&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3

【 夜の散歩 】

【 夜の散歩 】

本日のwebセミナーを終わらせて、一路、秋葉原へ。

今週末21日(土)の1day特別セミナーの会場は、
初めて使用する会場のため、ちょっと下見。

今週末の1day特別セミナーに参加される皆様、
いつもの水道橋の会場とは違うので、ご注意を!!

ちょっと秋葉原で呑んで帰ろうかな。

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1784775884940099&set=a.143309072420130.38093.100002231155394&type=3

【 遺伝子や脳は、何の指示に従っているのか? 】

【 遺伝子や脳は、何の指示に従っているのか? 】

今晩19:30~開催の無料生WEBセミナーの
テーマを決定しました。
 
 
《今回のwebセミナーのテーマ》

最近、病気をスムーズにやめていく人達は、
何をやっているのか?
~遺伝子や脳は、何の指示に従っているのか?~

《テーマ概要》
 
『そもそも、何のために病気は発生してくるのか?』
 
最近、私の信じ込みをも軽~く超えていくスピードで、
様々な病気をやめた方々からのご報告が相次いでいますが、
その報告を聞いていると、つくづく考えさせられることが、
『そもそも、何のために病気は発生してくるのか?』
『遺伝子や脳は、何の指示に従っているのか?』
ということ。
 
 
また、『平均寿命70歳時代の“古い常識”や
“脳の動かし方”を使っているから病気になるのでは?』とも、
つくづく思わされます。
 
あなたが無意識に使っている“常識”や“脳の動かし方”は、
これからの『人生100歳時代』の“常識”や“脳の動かし方”に
なっているでしょうか?
 
今回のwebセミナーでは、
『最近、病気をスムーズにやめていく人達は、
何をやっているのか?
~遺伝子や脳は、何の指示に従っているのか?~』
というテーマで解説を進めていきます。
 
また、最近分かって来た
『世の中的に流行っている “ある学問” が
病気の大きな原因になっている』
ということも解説をしていきます。
 
 
※視聴登録は、コメント欄のURLからできます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

【 2018年後半用の“人格”は、もう創り込みましたか? 】

【 2018年後半用の“人格”は、もう創り込みましたか? 】
 
『“未来の型”がズレていたことに気付かされたのは、
衝撃的でした!!』
 
『目標達成を邪魔していたメタ無意識がハッキリとしました。
もちろん、サクッと更新しました!!』
 
『新しい“愛の価値基準”を創りました!!
この新しい“愛の価値基準”を発信していきます!!』
 
 
植物が太陽に向かって育つのと同じように、
人はパワフルな輝きに自然と引き寄せられます。
 
幸せそうな人と、不幸そうな人。
あなたは、どちらの人と一緒に居たいですか?
 
愛に満ち溢れている人と、愛情不足な人。
あなたは、どちらの人と一緒に居たいですか?
 
 
ただやみくもに『幸せになりたい~』『愛されたい~』
と思い続けていても、
≪幸せを感じる要素≫≪愛される人の要素≫を
あなたの人格が持ち合わせていない限り、
それらを得ることは難しいでしょう。
 
 
一昨日は、7月度の「セルフイメージ・クリーニング」を開催。
 
北は北海道、南は鹿児島まで、
全国から68名の皆様にお集まり戴き、
『2018年後半“愛される人、幸せを感じる人”でいるための
人格の構造を組み立てる3つのステップ』
というテーマで開催。
 
今回は初公開の、
『現実を左右する“メタ無意識”を洗い出す技術』や
クロストランスフォーメショナルシートを使って、
≪ “人を惹きつける人”であるための要素≫を
セルフイメージに組み入れていくことなども
皆さんでエクササイズしていきました。
 
そして、冒頭の感想が、参加者の方々から寄せられたもの。
 
 
「ただの人格のまま」過ごした1年・・・5年後・・・10年後、
「効果的な形の“喜び”、効果的な形の“未来の型”
の要素を持った人格」で過ごした1年・・・5年後・・・10年後、
大きな差となって現れて来ることでしょう。
 
 
特に、
☆ 古い“愛の価値基準”で生きるか?
新しい“愛の価値基準”で生きるか?
☆ 古い“自由の価値基準”で生きるか?
新しい“自由の価値基準”で生きるか?
は、大きな差となって現れて来ることでしょう。
 
 
一度切りの人生。
 
あなたは、古い“愛の価値基準”、古い“自由の価値基準”
で生きていきますか?
それとも、
新しい“愛の価値基準”、新しい“自由の価値基準”
で生きていきますか?
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1780093042075050&set=a.123377121079992.32490.100002231155394&type=3