【 間違った“プラス思考”が、なぜ、ガン(癌)を発生→継続さ…

【 間違った“プラス思考”が、なぜ、ガン(癌)を発生→継続させるのか? 】
 
毎週、多くのガン患者さんや、様々な病気の方のセッションや
インタビューを行う中で、ガン(癌)を発生させ、継続させてしまう、
その背景にあるものが分かって来ました。
 
それは、ガンや病気の方の多くは、日頃から間違った“プラス思考”
を使っているということ。
 
 
身体の部位によって周期は違いますが、
人の身体を構成している血液、内臓、筋肉、骨などの細胞は、
新陳代謝を繰り返し、1ヶ月~6か月程度で、
古い細胞→新しい細胞に入れ替わり続けます。
 
古い細胞は捨てられ、新しい細胞が創られ続けているのに、
なぜ、“ガン細胞などの病気は再び発生し継続してしまう”のか?
 
それは、病気は身体の問題では無く、その身体を反応させている
“セルフイメージの歪み(思考+感情の歪み)”が原因だと考えています。
 
例えば、ガン細胞の切除手術などをしても、ガンが再発しやすいのは、
その元々の“セルフイメージの歪み(思考+感情の歪み)”が
解消されていないのが原因だと推測されます。
 
逆に言えば、ここに、ガンなどの病気を治す重要なヒントがある訳です。
 
そこで私は、多くのガン患者さんや、様々な病気の方のセッションや
インタビューを行う中で、“セルフイメージの歪み(思考+感情の歪み)”
を発生させている“思考パターン”と、それを形成する“言語パターン”
を調べていくうちに分かって来たのが、ガンや病気の方の多くは、
日頃から間違った“プラス思考”を使っているということ。
  
例えば、何か嫌なことが起きたり、
失敗や挫折感を味わう出来事が起きた時に、
『ネガティブに考えてはダメ!!プラス思考で考えなきゃ~!!』
というような反応をしてしまう方が多いのです。
  
つい、やってしまいがちな、この“言語パターン”から産まれる
“思考パターン”に大きな問題があり、これが放置され続けると、
最初は、『仕事が上手く行かない~、人間関係が上手くいかない~
恋愛や結婚が上手く行かない~』などのシグナルとして現れ、
それをさらに放置しておくと、ガン(癌)などの病気として
現れて来るのです。
  
これは、日常の中で、少しずつでも
言語パターンを変え→思考パターンを変え→行動パターンを
変えて行く必要があります。 
 
あなたは、間違った“プラス思考”を使っていませんか?
 
 
※これは重要なことなので、その改善方法などは、
4月17日の「セルフイメージ・クリーニング」の中でも解説します。
  
  
≪“言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
  
心理技術アドバイザー
言語療法家
トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLP トレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【“ファンを増やす”、“人を好きにさせる”、1つの技術  】

【“ファンを増やす”、“人を好きにさせる”、1つの技術  】

 
例えば、宇宙人の両脇を自衛隊員が支えている写真と共に、

『ついに宇宙人を捕まえた!!!!』

という見出し記事が、スポーツ新聞の“東京スポーツ”の1面に
掲載されていたら、どう思うでしょう?

私であれば『どうせ写真も合成だろうし、いつもの冗談だろ!!』
と思います。
そして、多くの方々が同じように思うかも知れませんね。

しかし、同じ写真、同じ見出し文が、
“日本経済新聞”の1面に載っていたらどうでしょうか?

私であれば、『えぇ~~っ、本当に・・・!?』と言いながら、
信じてしまうかと思いますし、私と同じように信じてしまう人も
多いのではないでしょうか?

でも、少し考えてみて欲しいのです。
 
「宇宙人の両脇を自衛隊員が支えている写真」と、
『ついに宇宙人を捕まえた!!』という見出し文は同じなのに、
その記事が載っているのが、
“東京スポーツ”と“日本経済新聞”では、
その受ける印象は、なぜ違って来るのでしょうか?
 
人は一体、“何に反応”をしているのでしょうか?
 
答えは、背景にある“セルフイメージが持つシナリオ”の違いです。
 
人は、写真や言葉など、情報そのものに反応しているのではなく、
背景にある“セルフイメージが持つシナリオ”に反応をしているのです。
 
 
世の中には、同じことを学んで、同じことをやっていても、
ビジネスの成績を伸ばす人もいれば、伸びない人もいます。
 
また、一見モテそうも無いのに、なぜかモテてしまう人もいれば、
とてもモテそうなのに、なぜかモテない人もいます。
 
これらも、その人達の背景にある“セルフイメージが持つシナリオ”
の違いによる結果だと言えます。
 
逆に言えば、“東京スポーツ”と“日本経済新聞”に載る
記事と写真が同じでも、周りの人達が受ける印象が変わったり、
そこから産まれる反応が変わってくるように、
この背景にある“セルフイメージが持つシナリオ”を
変えていくことにより、周りの人達に与える印象を変えたり、
そこから産まれる結果を変えていくことが出来るということです。
 
  
そして、この原理を応用すれば、
“望みや目標を達成する”、
そのために必要な“人脈”を引き寄せる、
“ファンを増やす”
“人を好きにさせる”・・・などにも繋がるでしょう。
  
 
“東京スポーツ”であるか“日本経済新聞”であるかの違いのように、
あなたが引き寄せたい方々が反応し、引き寄せられるシナリオを考え、
それを自分自身の“セルフイメージ”にセットしていけばいいのです。
 
では、具体的に“セルフイメージが持つシナリオ”を変えていくには
どうすればいいのか・・・
 
今回のセルフイメージ・クリーニングでは、
≪セルフイメージが持つ“シナリオ”を書換え始める≫
というテーマで進めて行きます。
 
あなたは、自分の知らない“シナリオ”を演じ続けますか?
それとも、“シナリオ”を自分で書き直して、演じ始めますか?
  
 
▼4月17日開催 セルフイメージ・クリーニング▼
https://www.facebook.com/events/1454433991514787/
 
 
≪“言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
  
心理技術アドバイザー
言語療法家
トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLP トレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 この心のメカニズムを知らない限り、努力は無駄に終わるでし…

【 この心のメカニズムを知らない限り、努力は無駄に終わるでしょう 】
 
『どんなに頑張っても、どんなに努力をしても、
どんなにコーチングを受けても、
どんなにカウンセリングを受けても、
この心のメカニズム、この心の動き方を知らない限り、
全ては水の泡と消えるでしょう・・・』
 
昨日は、初の参加者50人超えで、
第43回NLPコミュニケーション&心理技術トランスフォーム研究会
を開催。
 
そこで、とてもとてもとても重要な“心のメカニズム”であり、
☆“もう1人の自分”が動くメカニズム
☆日常の何気ない仕事や生活をするだけで、“もう1人の自分”が
望みや目標達成をサポートするようにする仕組み創り、
を皆さんで進めていきました。
 
そして、もう早速、昨日の参加者から変化の報告が、
複数届き始めています。
 
どんなに頑張っても、どんなに努力をしても、
どんなにコーチングを受けても、
どんなにカウンセリングを受けても、
この心のメカニズム、この心の動き方を知らない限り、
全ては無駄に終わるでしょう。
 
しかし、この心理メカニズムは、プロの方でも
意外と知られてないのかも知れません。
 
“もう1人の自分”に、望みや目標を
“達成すること”をサポートしもらうのも、
“達成しないこと”をサポートしもらうのも、
心理的な仕掛けをするかしないかだけです。
 
あなたは、“もう1人の自分”の動かし方を“本当に”知っていますか?
そして、“もう1人の自分”を効果的に動かしていますか?
 
※本日募集を開始する“セルフイメージ・クリーニング”
(4月17日開催)では、さらに進めた形で、
“もう1人の自分”に“シナリオを持たせ始める”ということをしていきます。
 
 
≪“言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
言語療法家
トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLP トレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 日常のいつものことをしているだけで、望みが叶うとしたらど…

【 日常のいつものことをしているだけで、望みが叶うとしたらどうですか? 】
 
『そんなこと不可能だ!!』と思われる方も、多いかも知れませんね。
 
食事をする、トイレに行く、歯を磨く、コーヒーを飲む・・・など、
人それぞれ、日常生活の中でいつも繰り返すことがあるはずです。
 
そして、
日常のいつものことを繰り返すだけで、なぜか上手く行き始める・・・
 
日常のいつものことを繰り返すだけで、なぜか流れが変わって来る・・・
 
日常のいつものことを繰り返すだけで、なぜか望みが叶い始める・・・
 
日常のいつものことを繰り返すだけで、なぜか悩みが消えてしまう・・・
 
 
明日のコミュニケーション&心理技術・トランスフォーム研究会では、
そのようなことを起こすための“簡単”な心理技術を公開し、
皆さんでエクササイズをしていきます。(初公開の技術です。)
 
この、自分の中の“もう一人の自分を動かす方法”は、
ビジネス、ダイエット、対人関係、恋愛・・・など、
様々な面で応用が効くでしょう。
 
日常のいつもの行動を、ただの生活のためにするのか?
それとも、望みを叶えるために、日常のいつもの行動に“ある仕掛け”をするのか?
 
そのどちらを選択するのかで、時間の経過と共に、
そのたどり着く位置は大きく開きが出て来るでしょう。
 
まだ、日常のいつもの行動を、ただの生活のためにし続けますか?
 
 
☆ 1名空席が出ました!! ☆
参加を希望される方は、コメント欄にその旨を記載戴くか、
個別メッセージを戴ければ、対応致します。
第43回NLPコミュニケーション&心理技術・トランスフォーム研究会☆
https://www.facebook.com/events/701028986687249/
 
≪“言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
LABプロファイル・コンサルタント
トランスフォーメショナルコーチ
心理技術アドバイザー
Art of NLP トレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

“シークレット・スライト・オブ・ランゲージ”第1期のDay3…

“シークレット・スライト・オブ・ランゲージ”第1期のDay3~4が終了。
 
全体の3分の1をトレーニングしただけだが、
参加メンバーが、バンバンとクライアントを取り始めている様子。
 
いやぁ~催眠暗示はリアルに効く(笑) 

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 人に変化を創るには・・・ 】

【 人に変化を創るには・・・ 】
  
“ビジネスが上手くいく⇔いかない”
“健康でいる⇔病気になる”などは、
その人の人格・アイデンティティの形に大きく左右されますし、
その人の人格・アイデンティティの形を変容させることにより、
“ビジネスが上手くいく⇔いかない”
“健康でいる⇔病気になる”などは、コントロールもできます。
  
では、具体的に何をどうすればいいのか?
 
 
今日は、シークレット・スライト・オブ・ランゲージの4日目。
 
≪ニューロロジカルレベル×LABプロファイル×催眠≫の複合技で、
人に変化をもたらすための心理技術をトレーニング中。
 
これは、どこのスクールなどでも教えていない強烈な内容でしょう。
(今まで、これを出来る人に会ったことが無い) 
 
そして、シークレット・スライト・オブ・ランゲージでは、
参加者のセッションのワークを全てビデオ撮影し、
それを見ながら、参加者全員でセッションを検証・フィードバックを
繰り返していくことにより、
実践的・徹底的に“人に変化を創る”ことを身に付けていきます。
 
あなたは、人に変化を創れる人でいたいですか?
それとも、人に変化を創れない人でいたいですか?
  

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 この文章を読み上げるだけで、なぜ、ガン細胞が変化を始めた…

【 この文章を読み上げるだけで、なぜ、ガン細胞が変化を始めたのか? 】
 
≪ ぜ ひ 、 ご 協 力 く だ さ い !! ≫
 

『正直、あり得ないと思っていたけど、
ガン(癌)を示す数値が下がり始めました!!』
 
『ガンによる痛みが治まり始めました!!』
 
3月から、ガン(癌)の方の個人セッションが増えていますが、
そのセッションの中で、ご相談戴いた方々に
≪ガン(癌)の背景にある心理メカニズム(思い込み)を変化させる文章≫
を日常の中で読み上げるように勧め始めていました。
 
そして、昨日、上のような報告が2件程入って来たのです。
 
そこで、この
≪ガン(癌)の背景にある心理メカニズム(思い込み)を変化させる文章≫
を、ガン細胞がある部位別に、創り分けて行きたいと考えています。
 
日本では馴染みは薄いかも知れませんが、
アメリカなどの海外では、病気が発生した身体の部位別に
『この身体の部位の背景には、こういうメンタルの歪みがある』
ということが研究されていて、医学書にも書かれていたりします。
 
そこで、
①部位別に、ガン細胞を発生させた“メンタルの歪み”を突き止めること、
②部位別に、“メンタルの歪み”を変化させるための読み上げ文を創ること、
を、進めていきたいと考えています。
 
つきましては、現在、ガンを発症されている方で、
上の①②を進めるためのインタビューにご協力戴ける方を
募集させて戴きます。
 
特に謝礼等はご用意はしておりませんが、
ご協力戴ける方には、現在、既に変化を創り始めている
≪ガン(癌)の背景にある心理メカニズム(思い込み)を変化させる文章≫
を、2種類お渡しさせて戴くと共に、
部位別の文章が出来ましたら、別途、送らせて頂きます。
 
☆インタビューは1回90~120分程度となります。
 
☆インタビューは、看護師である梯谷礼奈がさせて戴きます。
 
☆都内、または、都内近郊の方で、こちらの事務所に来られる方には、
交通費はお支払いさせて戴きます。
こちらから、病院などにお伺いすることも可能です。
 
☆インタビュー後、何かを販売したり、勧誘したりなどは一切ありません。
 
ご協力戴ける方は、その他の条件等もご案内致しますので、
個別メッセージを戴けると幸いです。
 
 
▼シークレット・スライト・オブ・ランゲージの参加メンバーは、▼
この文章の全文を、次のページからご覧いただけます。
この文章・言葉が、どういう構造になっていて、
どのように意識や身体に変化をもたらしているのかを、
ぜひ研究してみてください。
https://www.facebook.com/groups/1401093623541550/
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

私が長年、コンサルティングを続け、社長の脳内知覚フィルターを…

私が長年、コンサルティングを続け、社長の脳内知覚フィルターを調整していた企業が、人気企業として日本経済新聞に掲載されている。

これは実に嬉しい!!

≪ ビジネスにもっと心理技術を!! ≫

心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

『ガンの数値が下がり始めました~!!』

『ガンの数値が下がり始めました~!!』

そのような変化の報告を戴き始めました。

やはり、ガンの発生原因である”セルフイメージのゆがみ”の調整と、治癒させるための5つのポイントを、家族などの協力も得ながらマメにクリアしていけば、ガン細胞でも変化を始めるのでしょう。

これらのセッションの中で使っている”一連の言葉”などは、現在、ガンの部位別にまとめ始めています。(近々、研究者向けに公開予定)

そして、これから都内某所で、また新しいガン(癌)の方の個人セッション。

一緒に新しい常識を創り出したい方々もお待ちしています!!

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

今日は福島で、お2人の方のコーチング・セッション。

今日は福島で、お2人の方のコーチング・セッション。
そして今月、46~47人目のセッションでもあります。

昨晩は、東京大学・医学部の助教授の方からお話しを聴かせて戴くことができ、そこから、また、ガンや難病を治癒させるヒントを得ました。

今月は特にガン(癌)の方のセッション依頼が急増しましたが、その方々とセッションをする中で、ガンを発生させている原因と、それを解消する3つのポイント、そして、”ガンを治癒に向かわせる暗示文”も出来上がりつつあります。

そして、昨晩得たヒントを活かして、 “ガンを治癒に向かわせる暗示文”が仕上がって行きそうです。

その暗示文を日常の中で使って戴くだけで、ガン細胞は変化を始めると思います。(過去の様々な経験から、かなりの確信有り)

潜在意識に対して、欲しいものや欲しい情報が何なのかを伝えておくと、見事にそれらを集めて来てくれるのは、本当凄いものがあります。

もちろん、潜在意識にどのように伝えるかにはコツがありますが。

あなたは、もう1人の自分(潜在意識)を上手く動かせていますか?

≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫

心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司