【 “事実”は変えられないが“真実”は変えられる 】

【 “事実”は変えられないが“真実”は変えられる 】

あなたは、人を動かす“もう1つの脳”に
“真実を芽生えさせる”会話をできますか?

カリフォルニア大学 医学部大脳研究所の
ノーマン・カズンズ教授は、
このようなことを言っています。

『人間の脳の中にある百五十億個のニューロン(脳内神経細胞)が、
思考と希望とアイデアと態度を科学物質に変換する能力は、まさに脅威だ。
あらゆることが信念(信じ込み)から始まる。
全ての選択肢の中で最も強力なのは、本人が何を信じているかなのだ。』と。

人を動かす“もう1つの脳”にとっての“真実”は、
≪〇〇〇〇 × 切っ掛けとなる△△△ = “真実”の発生≫
という公式によって産み出されています。

そして、“真実”として認識されたことは意識プログラムと
して生成され、そのプログラムが人を操縦し始めます。

この、人を動かす“もう1つの脳”に“真実を芽生えさせる”方法は、
ビジネス、セールス、対人関係、恋愛・結婚など、様々な面で応用が効きます。

そして、ビジネスにおいては、様々な有名ブランドなどは、
自社ブランドの商品やサービスの印象を多くの人に植え付けて根付かせることに
この原理を活用し、広告やHP、パンフレット、
Facebookやブログなどの文章を作り、発信し続けています。

この原理は、セールスにおいても効果的ですし、
セールスが上手い人は、メタファーを使って、
お客様の無意識を動かすことが上手いものです。

また、コーチやカウンセラーにおいても、
この原理をどれだけ使いこなせるかで、
人に変化を起こせるか否か、収入を増やせるか否か・・・が
分かれてくるものです。

また、この原理は“人を好きにさせる”ことにも効果絶大です。

そこで、今回のNLPコミュニケーション&心理技術・
トランスフォーム研究会では、
≪人を動かす“もう1つの脳”に“真実を芽生えさせる”
メタファー・コミュニケーション術≫というテーマで、

①なぜ、メタファーが効くのか? その構造とは?

②相手に伝える情報にどのような“要素”を付けておくと、
人の“長期記憶”の中に残り、相手に印象を残しやすくなるのか?

③ハーバードビジネススクールや日本の有名大学も研究が進む、
相手の中に“真実”を芽生えさせる具体的な方法とは?

そして、おまけとして、

④自分を動かす脳内プログラムも、他人を動かす脳内プログラムも
“メタファー”で保存されている。
そして、その“メタファー”を変化させると、自分も他人も変わり始める。

という内容を扱っていきます。

あなたは、誰をその気にさせたいですか?

そして、その相手に、どういう“真実”を芽生えさせると、
あなたのビジネスやセールス、人間関係、恋愛や結婚は
上手くいきそうですか?

☆第42回NLPコミュニケーション&心理技術・トランスフォーム研究会☆
https://www.facebook.com/events/1397283820585490/?ref_dashboard_filter=hosting

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫

LABプロファイル・コンサルタント
トランスフォーメショナルコーチ
心理技術アドバイザー
Art of NLP トレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

『“言葉で病気を治せる人”が求められる時代がやって来ている』

『“言葉で病気を治せる人”が求められる時代がやって来ている』
・・・そう思いませんか?
 
政府が進める“統合医療”というものを知っていますか?
 
“統合医療”とは、近代西洋医学と代替療法や伝統医学等とを
組み合わせて行う療法であり、厚生労働省においても、
その普及のためのHPを公開しています。
 
私は、ビジネス面のコンサルティングやコーチングを
メインにしていますが、病気やケガの相談も多く持ち込まれますし、
うつなどのメンタルの病気の方も、数多く来られます。
 
そして、それらの病気やケガの方々とお話ししていて、
いつも思うのは、病気やケガの背景に、
抜けられない(抜けていない)ダブルバインド状態(二重拘束状態)が
隠れているということ。
 
表の意識では『病気やケガを治したい!!』と思っているけど、
潜在意識では『病気やケガを治したくない!!』と思っているという、
ダブルバインド状態(二重拘束状態)があるのです。
 
そして私は、“言葉”を使って、
そのダブルバインド状態を紐解き、解消し、
病気やケガが治って行くように誘導します。
 
私も昔は、重度のマイコプラズマ肺炎で入院をしたり、
腎臓結石や大腸ポリープなど、手術が必要な病気などに
なったことがありましたが、それらの病気の背景にある
ダブルバインド状態を紐解き、解消し、
手術をすることなく完治させています。
 
そして、その度に病院の医師から
『あなたの生命力は異常だ!!』
『これを学会で発表してもいいですか?』
と言われていました。
 
そして、これらの、
≪“言葉”を使ってダブルバインド状態を紐解き、解消すること≫
≪病気やケガを治していくこと≫
というのは、特殊な能力でも無いですし、
“言葉と身体の関係”を知ること、
そして、それを練習することにより、誰でも出来るものです。
 
『できるだけ薬は服用したくない!!』という人達も
世界中に増えていますし、
政府が進める“統合医療”という追い風もあって、
『“言葉で病気を治せる人”が求められる時代がやって来ている』
と私は思っています。
 
そして、この分野は、コーチやカウンセラーはもちろん、
医療関係者、柔道整復師、鍼灸師、整体師の方々にとっても
ブルーオーシャン的な分野では無いでしょうか?
 
これらの
≪“言葉”を使ってダブルバインド状態を紐解き、解消すること≫も、
3月からスタートする
【シークレット・スライト・オブ・ランゲージ】で、
徹底的に行っていきます。
 
 
さあ、あなたも、動き出しませんか?
他の仲間達に、遅れを取らないように。
 
 
▼シークレット・スライト・オブ・ランゲージ▼
※このページは、招待された方のみしかご覧戴けません。
ご興味がある方は、その旨コメントを書いて頂くか、
個別メッセージを戴ければ、ご招待を送らせて頂きます。
(ご招待をお送りしても参加をしつこく促すことは致しません。)
https://www.facebook.com/events/410613422425136/410613425758469/?notif_t=like
 
 
≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【ハッハッハ!! それでは、上手くいかないでしょ!!】

【ハッハッハ!! それでは、上手くいかないでしょ!!】
 
この目標設定の仕方の問題点は分かりますか?
 
『 目標・・・お客様へセールスをする時に、自信を持ってやれるようになりたい』
 
 
私のところへは、
『他のコーチにコーチングをしてもらっていたのだけど、
中々、上手くいかない』
という相談がよく持ち込まれます。
 
そして、そのような相談の中でよく思うのは、
『ハッハッハ!! それでは上手くいかないでしょ!!』ということ。
 
例えば、他のコーチのところで、
どのような目標設定をしていたのかを聞くと、
上のような目標設定をしていたというのです。
 
皆さんは、この目標設定の仕方の問題点は分かりますか?
 
目標達成や望みを叶えることが中々上手く行かない人は、
そもそもの“目標設定の方法を間違えている”
ということが数多く見受けられます。
 
ちなみに、上のような目標設定をすると、
潜在意識の中で無意識にブレーキを掛け始めることになり、
結果として『上手く行かない・・・』ということが起きてきます。
 
 
この基本的な間違いは、プロのコーチやカウンセラーであれば
簡単に気付くでしょうが、一般の方には、
まだまだ知られていないかも知れませんね。
 
あなたが、もし、目標達成や望みを叶えることが
上手く行っていないのであれば、
そもそもの目標や望みの設定方法が間違っているのかも知れません。
 
そして、上のような間違った目標や望みの設定をする
コーチやカウンセラーは、要注意です。
 
あなたの目標や望みの設定は大丈夫ですか?
 
 
≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫
 
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
心理技術アドバイザー
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 何のために生きるのか? 】

【 何のために生きるのか? 】
昨日今日は、”セルフイメージ・戦略的プログラミングワークス”を開催。

参加者総勢10名で、2日間、みっちりとセルフイメージのプログラミングをしていきました。

そして、全体のファシリテーションをしながら、私個人もセルフイメージを創り込み。

『何のために生きるのか?』…

私自身も、これが新しくバージョンUPされました。
しかも、出てきたものが強烈!!!

そして、懇親会が終わって、渋谷の裏道にある、お気に入りの料理屋で、お気に入りの日本酒”巌”と、お気に入りの”へしこ”をつまみながら、お店のオーナーと語らいながら、一人で2日間の振り返り中。

クライアントで参加者の方も、ビジネス環境を激しく引き寄せているようで、驚き!!!
(正直、私がその分野に進出したい(笑))

参加者を見ても、私自身の状況を見ても、セルフイメージを意図的にプログラミングすることの強烈さは驚きの一言。

セルフイメージを意図的にプログラミングすること…これをやるかどうかで、人生の流れは全く違って来ます。(断言!!)

そして、2日間一緒にセルフイメージ・プログラミングをしてくれた皆さん、ありがとうございます!!

日本酒が染み渡る…

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫
心理技術アドバイザー
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 “ワクワク感”や”楽しさ”を追い求めても”幸せ”にはなり…

【 “ワクワク感”や”楽しさ”を追い求めても”幸せ”にはなりません 】

『幸せになる方法を知らない人は、どんなに知識を持っていたとしても、
 何も学んでいないに等しい。』
                ジェームズ・アレン
 
 
“ワクワク感”や”楽しさ”などの感覚と、”幸せ”とは別物です。
 
“ワクワク感”や”楽しさ”などの感覚は、
“お金”と同じく欲しいものを手に入れるためのツールや手段であって、
“ワクワク感”や”楽しさ” を手に入れることを目的にすると上手く行かなくなります。(上手く行かない、”手段の目的化”というものです。)
 
では、どうすれば”幸せや幸福感”が得られるようになるのか?
 
“幸せや幸福感”を得ていくためには、
日常の中での出来事が、 ” 幸 せ ” に ” 自 動 的 ” につながるように
脳内知覚フィルターを、あらかじめセットしておく必要があります。
 
そうすることにより、日常の様々な出来事が”幸せ”につながるようになってくるのです。
 
そして、昨日のセルフイメージ・クリーニングでは、
☆日常の中での出来事が、 ” 幸 せ ” に ” 自 動 的 ” につながるように
脳内知覚フィルター(感情のフィルター)を、あらかじめセットする
 
☆そして、その新しい脳内知覚フィルター(感情のフィルター)を持った自分の“未来の記憶を創る”
ということを、参加者の皆さんでしていきました。
 
この“感情のフィルター”を古いままにしておくか、
新しくバージョンUPしておくかだけで、
人生の質も、産まれてくる結果も、周りに現れてくる人達も違って来ます。
 
あなたの“感情のフィルター”は、どのような現実を創り出していますか?
 
そして、あなたの“感情のフィルター”は、“幸せ”が得られる状態になっていますか?
 
 
≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫
 
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
心理技術アドバイザー
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 白血病が数日で治った“言葉”の技術 】

【 白血病が数日で治った“言葉”の技術 】
 
『こんな方法が広まったら、病院は潰れる!!』
 
ある医療関係者は、そう叫びました。
 
白血病の男性に、ある言葉を使ってもらうことにより、
その人を動かしている“背景にある意識の枠”の形に変化を起こし、
白血病に変化が起きて治ったこの事例。
 
もちろん、この方法は、全ての身体の病気に効くのかどうかは不明です。
しかし、理論上は、十分にあり得ることです。
 
人の身体は、“意識が発する言葉(内的会話)”を聞いています。
 
そして、人を動かしている“背景にある意識の枠”の形を変えることにより、
        ↓
その“意識が発する言葉”が変わり、
        ↓
その“意識が発する言葉”を聞いている身体も変わり始めるのです。
 
4年前、激しい脳出血で倒れ、担ぎ込まれた病院の医者からも
『恐らく無理でしょう。良くて植物状態でしょう。』
と告げられた私の父親を救った方法も、この方法の応用です。
(今、私の父親は、普通の生活に戻っています。)
 
そして、この
≪人を動かしている“背景にある意識の枠”の形を変える言葉の技術≫
も利用した、2月14・15日開催の
“セルフイメージ・戦略的プログラミングワークス”のテキストが完成。
 
病気も、ビジネスの成果も、身の周りに起こることも、
自分を取り巻く人間関係も、
自分の“セルフイメージ”が創り出す産物です。
 
あなたのセルフイメージは、望む成果を産まれる
セルフイメージになっていますか?
 
※この“言葉の技術”は、3月からスタートする
『シークレット・スライト・オブ・ランゲージ』
の中でもトレーニングしていきます。
 
≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫
 
“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ
心理技術アドバイザー
LABプロファイル・コンサルタント
Art of NLPトレーナーアソシエイト
      梯 谷 幸 司

【 この会話法は、セールスにもとても効果的です!! 】

【 この会話法は、セールスにもとても効果的です!! 】

 

『あなたは両足を元に戻そうとしています。

しかし、あなたはそうする必要のないことを示したがっています。

それでいいのです。』

 

これは、心理療法家であるミルトンエリクソンが、

治療家のために開いた教育セミナーの中で、

エリクソンの催眠に入ることに強い抵抗をしていた女性に対して、

エリクソンが話し掛けた会話の一部です。

 

この会話の後、強い抵抗を示していた女性は柔軟になり始め、

エリクソンの指示に従い始めます。

 

この会話、ミルトン・エリクソンが、

相手に何をしようとしているのか分かりますか?

 

この会話の原理を知って使い始めると、

コーチングやカウンセリング心理療法などの面でも、

相手の変化を引き出すために強力に効果を発揮しますし、

一般のセールスなどにおいても、とても強力に効果を発揮します。

 

この会話の原理は、私もコーチングやカウンセリングを始め、

広告やセールスの中でも時々使っていますし、

この会話の原理を使えるかどうかで、

セールスの成績も、クライアントに変化を引き出すことにおいても、

大きな差を産み出すでしょうね!!

(私は、この会話法で多くの契約や受注を取っています。)

 

そして、3月からスタートする

【シークレット・スライト・オブ・ランゲージ】では、

この原理の会話のトレーニングも徹底的に行っていきます。

セールスにも、コーチング・カウンセリングにも、

とても効果的なこの会話の原理、分かりますか?

▼シークレット・スライト・オブ・ランゲージ▼

※このページは、招待された方のみしかご覧戴けません。

ご興味がある方は、その旨コメントを書いて頂くか、

個別メッセージを戴ければ、ご招待を送らせて頂きます。

(ご招待をお送りしても参加をしつこく促すことは致しません。)

https://www.facebook.com/events/410613422425136/410613425758469/?notif_t=like

 

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ。 ≫

心理技術アドバイザー

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

梯 谷 幸 司

【 “幸せな人”を引き寄せたい? “不幸そうな人”を引き寄せ…

【 “幸せな人”を引き寄せたい? “不幸そうな人”を引き寄せたい? 】

セルフイメージは、似たセルフイメージ・レベルの人を

引き寄せるという特徴があります。

“不幸なセルフイメージ・クリーニングの人”の周りには、

“不幸なセルフイメージの人達”が集まります。

例えば、東京・新橋駅のガード下の飲み屋などに行けば、

『うちの会社さ~リストラが始まってさ~、会社の雰囲気が悪いのよ・・・』

『いやいや~〇〇さんの会社なんかまだ良い方だよ!!

うちの会社なんてもっとひどいぜ~』

というような“不幸自慢”の会話が、よく繰り広げられています。

これは、人が持っているセルフイメージの、

≪自分に近いレベルのセルフイメージの人に近づきたがる≫

≪自分に近いレベルのセルフイメージの人を引き寄せたがる≫

という習性により起こる現象です。

逆に言えば、『私は幸せ!!』というセルフイメージの人には、

“幸せ”なセルフイメージの人達が集まり始め、

『一緒にビジネスでもしましょうか!!』など、

前向きな話で盛り上がったするものです。

そして、“幸せ”なセルフイメージの人達は、

その“幸せ”なセルフイメージの証明のために、

無意識のうちに、さらに多くの人、異性、チャンス、お金などを

引き寄せたり、集め始めたりするのです。

もし、あなたの周りに幸せな人や成功者が集まっていない場合、

あなたのセルフイメージは、今現在、そのレベルなのかも知れません。

あなたは、“幸せな人”を引き寄せたいですか?

それとも、 “不幸そうな人”を引き寄せたいですか?

明後日、2月13日(金)開催の

セルフイメージ・クリーニングのテキストも完成。

今回も濃い内容となっています!!

▼空席が2名出ました!!2月13日(金)開催▼

月1回のセルフイメージ・クリーニング

https://www.facebook.com/events/1614712465428880/?ref_newsfeed_story_type=regular

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

心理技術アドバイザー

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 コーチ・コンサルタントにとっても追い風 】

【 コーチ・コンサルタントにとっても追い風 】

『社内はベテラン社員に頼った経験主義が変化を拒んでいた。

それを打破するために招いたのが社外取締役だった。』

昨日の日本経済新聞の1面の特集で、

このようなコメントで紹介されていたのは

「無印良品」を展開する良品計画の事例。

私も、企業の社外取締役や外部コンサルタントとして、

全く初めての業種に関わる時は、

社内のベテランの幹部達から

『梯谷さん・・・うちの業界のこと知ってるの?』

とよく言われます。

そこで私が言うのが、

『いや、この業界は全く初めてでよく知りません。

だから、コンサルティングが出来るんじゃないですか!!

業界の中にずっと長く居ると、様々な盲点や枠が産まれて来ます。

業界の枠に囚われていない私だから、皆さんの盲点を外して、

業績を伸ばすことが出来るんですよ!!』

ということ。

経営者などが気づいていない盲点に気づかせるのも、

コーチ・コンサルタントの重要な役目。

この『今後、多くの社外取締役が必要!!』という流れは、

コーチ・コンサルタントにとっても追い風ですね!!

私も、20社の企業の社外取締役やコンサルタントをしていますが、

私が1人で動くのも難しくなってきたので、

3月からスタートする

『シークレット・スライト・オブ・ランゲージ』なども通して、

企業の社外取締役としても入れる

優秀なコーチ・コンサルタントを育てて行きます!!

≪ビジネスにもっと心理技術を!! ≫

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

心理技術アドバイザー

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司

【 人生の結果は、自分が選んだ脳内知覚フィルターの結果に過ぎ…

【 人生の結果は、自分が選んだ脳内知覚フィルターの結果に過ぎない 】

セルフイメージを構築するトレーニングの全体像を、

P型⇔L型、TG型⇔JG型なども含めて、新たに一覧にしてみました。

大きく、全22の項目から構成されています。

この22項目の内容からセルフイメージを創り込めば、

どのような目標や望みでも叶うのでは無いでしょうか。

例えば、教習所で車の乗り方を習えば、FIレーサーにはなれませんが、

とりあえず車は運転できるようになります。

そして、料理教室で料理の作り方を習えば、

3つ星のレストランのシェフにはなれないまでも、

とりあえず美味しい料理は作れるようになるでしょう。

世の中の成功者の方々とお会いする中で強く思うのは、

“目標を達成すること”、“成功する”ということは“運”では無く、

車の運転や料理の作り方を習うのと同じように、

その方法をマスターして実践すれば、

“誰でもが、ある程度のレベルまでいけるものである”ということ。

つまり、上手くいくのも、上手くいかないのも、運ではなく、

『自分を動かす自分の脳内プログラムとして、

どのようなブログラム選ぶのか?』の違いだと言えますし、

『世の中を認識する脳内知覚フィルターとして、

どのような脳内知覚フィルター選ぶのか?』の違いだと言えます。

2月14・15日開催のセルフイメージ・戦略的プログラミング・ワークスで、

私自身も、P型⇔L型、TG型⇔JG型などの新しい観点を取り入れた

新しいセルフイメージの中身を構築し直す予定です。

成果を産み出さないセルフイメージのままで、成果を産み出すことはできません。

人生は一度切り!!

あなたは、成果を産み出すセルフイメージでいますか? 

それとも、成果を産み出せないセルフイメージでいますか?

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫

“セルフイメージ”トランスフォーメショナルコーチ

心理技術アドバイザー

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLPトレーナーアソシエイト

      梯 谷 幸 司