“恐れ”をコントロールできたら、何をしたいですか?

“恐れ”をコントロールできたら、何をしたいですか?

無意識の内に、人の行動を止めてしまう“恐れ”。

もし、“恐れ”をコントロールできるようになれば、

人は、もっと自由になれるでしょうし、

もっと色々なことができるでしょうね。

セールスが苦手なビジネスマンが、堂々と売り込みをしてみたり、

恋愛で片思いに悩んでいる人が、堂々と告白をしてみたり、

いじめられっ子が、いじめっ子に立ち向かって行ったり、

独立・起業に踏み切れなかった人が、起業に踏み切ったり、

自分の意見を言えなかった人が、堂々と自分の意見を言い始めたり・・・

“恐れ”という感情が必要な場面もありますから、

“恐れ”を完全に消してしまうのは危険ですが、

その“恐れ”を弱めたり、緩和したりするなどのコントロールは、

NLPやLABプロファイルなどの心理技術などを

使うことにより出来ます。

例えば、“恐れ”そのものを何とかしようとするのではなく、

その“恐れ”を引き起こす引き金となっている

背景にある脳のプログラム(LABプロファイルパターンなど)

を変えるという方法があります。

もちろん、他にも方法は幾つもありますし、

様々な方法を試していくことにより、

その人に合った方法、その状況に合った方法などが

見つかって来るでしょう。

改めて考えてみると、

“恐れ”をコントロールできるようになるだけで、

自由さを取り戻したり、やりたいことが出来るようになり始める人は

きっと、多いのでしょうね。

5月14日開催のコミュニケーション&心理技術・トランスフォーム研究会でも一部公開して行きますが、今後、このテーマの心理技術も次々に公開していきます!!

≪ 未だ見ぬ可能へ、そして、その先へ ≫

トランスフォーメショナルコーチ

心理技術アドバイザー

LABプロファイル・コンサルタント

Art of NLP トレーナー

      梯 谷 幸 司

コメントを残す