【 健康でいるための “ミリオネア脳” を創る・・・第2弾 …

【 健康でいるための “ミリオネア脳” を創る・・・第2弾 】
 
『ミリオネアの人達は、何の基準をハッキリとさせているのか?』
 
『この基準を持つか持たないかで、なぜ、
得られる収入、愛情、幸福感などの総量に差が出てくるのか?』
 
 
同じ『歩く』ということを日々続けていても、
自分の向いている方向が変われば、
時間の経過とともに、たどり着くところは大きく違ってきます。
 
それと同じように、
『病気がち ⇔ 健康でいる』
『低所得・中間所得者 ⇔ 高所得者』
『愛情、幸福感が少ない ⇔ 愛情、幸福感に満たされている』
『上手くいかない ⇔ 上手くいく』なども、
ちょっとしたズレから発生しているのかも知れません。
 
これらの差は、単に《脳の動かし方が逆》なことが多いと、
過去48,000人を超える方々とのセッション経験からも、
つくづく思います。
 
 
“普通の人”の人格でいれば、
“普通の人”の人格に合った収入や成果が得られるだけで、
“ミリオネアの人”の人格でいれば、
“ミリオネアの人”の人格に合った収入や成果が
得られるだけのことですし、
“病気になる”人格でいれば、病気になるでしょうし、
“健康で居る”人格でいれば、健康でいられるだけのこと。
 
 
多くの大手企業経営者やミリオネアの方々のインタビューを通して
分かって来た共通点として、これらの方々は、
とてもシンプルに『“ある基準”をハッキリとさせている』
という共通点があります。
 
そして、多くの一般の方々は、このシンプルな“ある基準”を
ハッキリとさせていない人が圧倒的に多いと思います。
 
これは、《脳は逆に動く》という基本的な脳のメカニズムにも
合っているものです。
 
 
また、世の中のミリオネアの方々は、
《目的に合わせて人格を着替える技術》を使っている方が
多いようにも思います。
 
 
そこで、『健康でいるための “ミリオネア脳” を創る・・・第2弾』
として、8月17日開催の“セルフイメージ・クリーニング”では、
『ミリオネアの人格形成術を応用して、
“ある重要な基準”を、あなたのセルフイメージに芽生えさせる』
というテーマで進めて行きます。
 
 
人生100年時代の今。
あなたは、どちらの人格で過ごし続けますか?
 
そして、1年後・・・5年後・・・10年後・・・
どのような現実の差となって現れて来るでしょうね?
 
 
※遅くなりましたが、イベントページを立ち上げました。
今回は、個別メッセージでのみ受け付けます。
参加ボタンを押しただけでは参加申込みにはなりませんので、
ご注意ください。
 
イベントページは、コメント欄をご覧ください。
どなたでもご参加戴けます。
 
 
≪ “言葉の可能性”に終わりが無いことを証明する ≫
 
心理技術アドバイザー
神経科学研究家
トランスフォーメショナル・コーチ
      梯 谷 幸 司

コメントを残す